小说&短诗
小说&短诗

分类: 语种学习 / 日语 / 能力提升 (?) 标签: 日语,小说,朗读
状态:更新中   
创建人: 银子Aries     创建时间:2014-08-19

收录各种日语短、中、长篇小说~~各种日文诗
订阅社刊
浏览量:52 | 订阅量:18

社刊更新

   (共 11 期) 升序 升
  • 第11期 【日文阅读】祖父母宅”お泊り”サムースクール

    昨年の夏休み、小学生の孫3人が、10泊の”お泊り“に来ました。①この期間をわが家では「サマースクール」と名付けました。子どもだけで泊まるのは初めてのことでしたが、とてもよい思い出になったようで、②?今年もお願い…

    2014-08-24 作者:邹俊超
    10 2 8
  • 第10期 【日文阅读】三人泣き -ー後編

    そこへ別の人が通りかかり、何事だと思って三人に声をかけました。 「どうしたのです?泣いてばかりいないで、わけを話しなさい。 こまった事があるなら、力をかしてあげますよ」 すると、ほうろく売りが言いました。…

    2014-08-24 作者:银子Aries
    20 2 3
  • 第9期 【日文阅读】三人泣き -ー前篇

    三人泣き むかし むかし、一人でくらしているおばあさんのところへ、遠くで働いている息子から手紙が届きました。 でも、おばあさんは字を知らないので、せっかくの手紙が読んでくれるお人はいないだろうか? すると向こうから一人…

    2014-08-24 作者:银子Aries
    10 1 3
  • 第8期 [日语晨读]2014.8.23

    Quixotic Loveあのはらしい。 がにきで、れるのがだとっていた。 そのだけだとすかしてるみたいであんまりいじはしないんだけど のは。 だってほんとに、なんだもの。 あのというらわしいはどうゆうことってうかもしれない。…

    2014-08-23 作者:古河夜雪
    15 4 1
  • 第7期 【日文阅读】窗边的小豆豆

    日文台词 初めての駅 自由が丘の駅で、大井町線から降りると、ママは、トットちゃんの手を引っ張って、改札口を出ようとした。トットちゃんは、それまで、あまり電車に乗ったことがなかったから、大切に握っていた切…

    2014-08-13 作者:angel沛
    55 18 7
  • 第6期 雪の夜

    一 仕事をしながら、龍介は、今日はどうするかと、思った。もう少しで八時だった。仕事が長びいて半端はんぱな時間になると、龍介はいつでもこの事で迷った。…

    2014-08-22 作者:邹俊超
    8 7 4
  • 第5期 【日文阅读】日本の米で世界一の生麵

    日本の米で世界一の生麵 高円寺駅で降り、にぎわう八百屋のそばを抜けて「大一市場」へ向かう。屋台風の飲食店が軒を並べ、まるでアジアのマーケットのよう。目的の店は、ベトナムの米麵フォーが名物…

    2014-08-22 作者:银子Aries
    10 3 1
  • 第4期 【日文阅读】食べ放題のお寿司屋さん

    食べ放題のお寿司屋さん 日本料理と言えば、多くの人がまず「寿司」と答えるだろう。お酢を加えたご飯を台にして、新鮮な魚や海産物、野菜、卵などを載せ、軽食にしてもいいし、正式な食事や宴会…

    2014-08-22 作者:银子Aries
    40 7 2
  • 第3期 【音乐推荐】もしこの壁の中が一軒の家だとしたら

    もしこの壁の中が一軒の家だとしたら もしこの壁の中が 一軒の家だとしたら 君は玄関のドアには 手を掛けるだろうか? 眠る為のベッドも 暖をとる為の暖炉も 食事を摂る為の台所に 料理があっても…

    2014-08-22 作者:银子Aries
    35 5 2
  • 第2期 【日语短诗】君は、灯火でした

    君は、灯火でした 落ちこぼれの、僕なんてって言わないで 僕は君に、何度助けられだろう 君は、僕の心の、灯火でした 落ちこぼれの、人間なんて この世界に、一人もいないんだよ 僕も、君も、あの人も、皆、皆…

    2014-08-22 作者:银子Aries
    50 8 1
  • 第1期 【日文阅读】甲子園に連れてって

    甲子園に連れてって こうしえんにつれてって 「ねえ。 甲子園に連れてってよ」 幼なじみの遥香に何度も聞かされ続けてきた言葉だ。 『おさななじみのはるかになんどもきかされつづけてきたことばだ』…

    2014-08-16 作者:银子Aries
    50 10 3

更多其他社刊

标题:
简介:
期数:
保存