2014.07.20【日译中】火候、油温

europeanut (花生米) 译人小成
76 4 0
发表于:2014-07-20 15:31 [只看楼主] [划词开启]

火加減、揚げ油の温度

火候、油温


火加減の目安

火の強弱によって料理の仕上がりも左右されます。大まかな目安を覚えておきましょう。

火候基准

火的大小会影响料理的最终结果,因此需要知道火候的粗略基准。


弱火

火力が一番弱く、炎が鍋底から離れている状態。長時間コトコト静かに煮る時に。

小火

火力最小,火焰碰不到锅底。长时间文火煮东西的时候用。


中火

炎がほどよく出ている状態で、炎の先が鍋底に軽くあたる程度。

一番多く使われる火加減。

中火

火焰稍微扬起,火焰尖轻触锅底,是最常用的火候。


強火

炎が勢いよく出ている状態。沸とうさせる時や、焦げ目をつける時などの火加減。

大火

火焰扬起。煮沸、上焦色等时候所用的火候。


揚げ油の温度

軽くぬらした菜箸を油の中に入れてかき混ぜ、温度を平均にしてから泡の出方を見ることで、温度計がなくても温度がわかります。

油温

用微湿的筷子将油搅匀,待油温统一了看起泡的情况,即使不用温度计也能知道油温。


低温(150~160℃)

目安は中火にかけてから23分。油が100℃を超えてゆらゆらと動き出してくる。菜箸を入れて、細かい泡が静かに上がってくる状態が低温。焦がさずじっくり揚げる時に。

低温(150~160℃)

基准是中火加热2~3分钟。油超过100℃开始微微颤动。放入筷子,有细小的气泡缓慢上升时就是低温。需要仔细煎一段时间但不焦的时候用。


中温(170前後)

目安は油がゆらゆらと動き出してから12分後。菜箸を入れてみて、やや大きめの泡が上がってくる状態。しっかりと火を通してカラリと揚げたい時に。

中温(170℃左右)

基准是油开始颤动之后1~2分钟。放入筷子,有较大的气泡上升。想用大火爆炒的时候用。


高温(180~190℃)

目安は油がゆらゆらと動き出してから23分後。菜箸を入れて、多量の泡が勢いよく上がる状態。キツネ色に揚げたい時や二度揚げしたい時に。

高温(180~190℃)

基准是油开始颤动后2~3分钟。放入筷子,有大量气泡极速上升。

想煎出焦黄色或者煎第二次的时候用。

 

 

 

 

 





分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团