2015.01.22【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)⑥

发表于:2015-01-22 09:12 [只看楼主] [划词开启]


 ポケットの中の小銭に神経を集中させていたせいで、はじめのうちドアが開いたことを私はうまく認識することができなかった。というかもう少し正確に表現すると、ドアが開いたのは目に入ったのだが、それが具体的に何を意味するのかがしばらくのあいだ把握できなかった、ということになる。もちろん扉が開くというのは、それまでその扉によって連続性を奪いとられていたふたつの空間が連結することを意味する。そして同時にそれは私の乗ったエレベーターが目的地に到達したことをも意味している。


 由于太过于集中精力口袋里的零钱,刚开始我没有意识到门已经打开怎么说呢,稍微正确来说,虽然已经看到门开了,但那代表的具体意思,我一时半会没有反应过来。虽然发觉门已经开了,但是那具体意味什么,我一时半会没法拿捏的住。当然所谓的开门门打开了,无非就是意味着被隔开的两个空间再次连接。也同时意味这我乘坐的电梯已抵达目的地。


 私はポケットの中で指を動かすのを中断して扉の外に目をやった。扉の外には廊下があり、廊下には女が立っていた。太った若い女で、ピンクのスーツを着こみ、ピンクのハイヒールをはいていた。スーツは仕立ての良いつるつるとした生地で、彼女の顔もそれと同じくらいつるつるしていた。女は私の顔をしばらく確認するように眺めてから、私に向ってこっくりと肯いた。どうやら〈こちらに来るように〉という合図らしかった。私は小銭の勘定をあきらめて両手をポケットから出し、エレベーターの外に出た。私が外に出ると、それを待ち受けていたかのように私の背後でエレベーターの扉が閉まった。


我停止口袋中手指的摆弄,看向门外看着门外。门外有个走廊,走廊上站着一个女孩。胖胖的年轻女人女孩穿着粉色西装,粉色高跟鞋。衣服是用很光滑的布料做的,做工精致,衣服是用缝纫很好且光滑的材质做的,她的容颜与衣服一样光溜溜的。女人像是要确认似打量了一会我的脸,然后朝着我微微点点头。女孩眺望着我的脸,稍微确认了一番之后,向我迎面而来微微点头。感觉像是“来这边”的暗示。总感觉好像暗示说“来这边吧”。停止放弃计算零钱,双手从口袋里出来,走出了电梯。我一出电梯,电梯好像一直等着这一刻似的在我背后关上了门。我一出电梯,它好像等候着一样,背后的电梯门已经关上了。


 廊下に立ってまわりをぐるりと見まわしてみたが、私の置かれた状況について何かを示唆してくれそうなものはひとつとして見あたらなかった。私にわかったのは、それがビルの内部の廊下であるらしいということだけだったが、そんなことは小学生にだってわかる。


  站在走廊上,巡视着四周,我没有看到任何一个关于我现在所处状况的提示。但是关于我所处位置的提示一个都没看到。我仅仅明白的是那个就是这个大厦内部的走廊。那种事就连小学生都明白。


 それはともかく異様なくらいのっぺりとした内装のビルだった。私の乗ってきたエレベーターと同じように、使ってある材質は高級なのだがとりかかりというものがないのだ。床はきれいに磨きあげられた光沢のある大理石で、壁は私が毎朝食べているマフィンのような黄味がかった白だった。廊下の両側にはがっしりとして重みのある木製のドアが並び、そのそれぞれには部屋番号を示す金属のプレートがついていたが、その番号は不揃いで出鱈目だった。〈936〉のとなりが〈1213〉でその次が〈26〉になっている。そんな無茶苦茶な部屋の並び方ってない。何かが狂っているのだ。


 总之这是个装修得异常单调的大厦。那是个装修总觉得异常单调的大厦。如同我乘坐的电椅一样,虽然使用的材质很高档,不知如何着手。地上铺着被磨得光泽亮丽的大理石,墙壁如每日早餐所吃的松饼那样泛黄的白。走廊两侧并列着结实厚重的木门,每个门上面都挂着显示房间号的金属板,但是房号毫无关联参差不齐,乱七八糟的。“936”的旁边是“1213”,紧接着是“26”。这种胡乱的房号排序从未见过,真令人抓狂。


 若い女はほとんど口をきかなかった。女は私に向って「こちらへどうぞ」と言ったが、それは彼女の唇がそういう形に動いただけのことであって、音声は出てこなかった。私はこの仕事に就く以前に、二カ月ばかり読唇術の講座に通っていたから、彼女の言っていることをなんとか理解することができたのだ。はじめのうち、私は自分の耳がどうかしてしまったのかと思った。エレベーターが無音だったり、咳払いや口笛がうまく響かなかったりで、音響について私はすっかり弱気になってしまっていたのだ。


  年轻女孩几乎没有为我解释说明。女孩对我说“这边请”,但是只是看她的嘴型是这样的说的,实际上没有发出声来。在我做这么工作以前我在就职之前。听过两个月的读唇术讲座,因此总能理解她所说的话。刚开始我想,是不是我耳朵出了什么问题啦最初,我的耳朵不知道怎么啦。电梯静悄悄的,咳嗽声以及口哨都怪怪的完全不能听到对于声响,我(耳朵)已经变得完全不顶用了。对于声音我完全变得怯弱了。


相关链接


2015.01.21【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)⑤

2015.01.17【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)④

2015.01.16【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)③

2015.01.04【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)②

2014.12.31【日译中】村上春树・《世界尽头与冷酷仙境》第一章(第一节)①


最后编辑于:2015-01-30 14:55
分类: 日语
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团