2015.04.25【日译中】ようこそ我が家へ 第一章 現代ゲーム私論

草莓巧克力卷 (林子【リンコ】) 译译生辉
46 3 0
发表于:2015-04-25 20:25 [只看楼主] [划词开启]

「パパを駅まで送ってってちょうだい」妻が健太にいった。「でもさ、誰がこんなこと――」「いいから、とにかくクルマ出して」

“送爸爸去车站一下。”妻子对健太说。“但是,这是谁?”“你别管了,总之你先去把车开出来。”

夫を定刻に送り出すのが主婦の本能であるかのように、妻はいう。その顔から表情は抜け落ち、蠟(ろう)のように白くなった横顔がショックの大きさを物語っていた。「お願いだから、早くして」

就好像准时把丈夫送出门是主妇的本职一样,妻子说到。她的脸上没有任何表情,像蜡一样苍白的侧脸足以看出这冲击对她来说有多大。”拜托了,快点“

「あ、ああ。わかった。オヤジ、行こう」

“啊,啊,我知道了。爸爸,走吧”

「頼む」

“拜托了。”

歩き出そうとした倉田は、そのとき不意に動きをとめた珪子の視線の先を追い、体を硬くした。

正要迈步的仓田,无意间顺着停止了动作的珪子的视线处看了看,身体一下子僵住了。

足跡が残っていたのだ。

有脚印残留着。

花を引き抜いた花壇の土の上だ。

在拔掉花的花坛的泥土上。

くっきりとついた靴の大きさはまちがいなく男物のサイズで、倉田の靴よりも大きかった。

鲜明的残留着的鞋子的大小一看就是男士的尺寸,比仓田的鞋子还要大。

昨夜の男の顔が頭に浮かんだ。だが、そのことは敢えて黙っていた。いま妻に余計なことはいいたくない。

脑海里浮现出了昨晚那个男子的脸。但是,却故意隐瞒了这件事。现在不想跟妻子说多余的事情。

「じゃあ、行って来るよ」

“那我就出发了。”

珪子がなんとかうなずいたのを見届け、倉田は、健太が駐車スペ-スから出したプリウスの助手席に滑りこんだ。

看着珪子总算点头了,仓田就滑进了健太从停车场开出来的Prius

「今までこんなことなかったよね」

“至今为止都没发生过这种事呢。”

ハンドルを握りながら、健太は真剣な顔でいった。その表情をちらりと見て、「まあな」と倉田も同意する。

健太一边握着方向盘,一边严肃的说着。瞥了一眼那个表情,仓田“嗯”了一声表示赞同。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团