2015.04.25【日译中】柳澤 大悟 「ジンジャーガム」 一

u1heart (小胖纸)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译译生辉
6 1 0
发表于:2015-04-25 21:36 [只看楼主] [划词开启]

 「ジンジャーガム」 柳澤 大悟

【姜口香糖】柳泽大悟


 それは東北で震災のあった年の夏のことで、自分は十九才の大学二年生だった。たしか七月の初めだったので、毎度のことのように授業を休んでの旅行だったのだろう。

由于是在东北有赈灾的那年夏天的事,那个时候我才19岁是个大学二年级的学生。大概是七月初,所以每次上课都去旅行社休息。
 日差しが眩しく目の前を照らしていた。駅まで続く、まっすぐな道。左右はどこまでも巨大な果樹園で、さくらんぼの木が何千、何万本と規則正しく植わっていた。七月の初めは、自由気ままな一人旅には素晴らしい期間だ。衣服は冬に比べて軽く済むし、野宿をしても風邪をひかない。梅雨が明けてしまってからだと、歩くのには暑すぎる。初夏の曇りのない気分の中、自分は山梨の小さな町を歩いていた。時折、盆地の表面を撫でるような乾いた風が吹いていた。木々の背丈は低く、球状に伸びていく青空が遠くまで見渡せた。

阳光照眼,照亮前方。一直到车站都是一条笔直的路。左右是无论什么地方都有规律种植的几千甚至是几万条的樱桃的树,七月正是一个人独自旅游的最佳时间。衣服比冬天较,即使露宿也不会感冒。梅雨结束后,走路就过于炎热了。初夏的阴天没有影响心情,自己正在走在山梨的一个小镇。有时,刮着像是抚慰盆地的一样干燥的风。树木的生长从低到高呈球体状,能看到远方的蓝天。
 ようやく駅の姿がはっきりと目で捉えられたところで、すぐさま違和感のある光景が広がった。そこは果樹園の真ん中にある田舎の小さな駅だ。それなのに、改札の前の駐車場に数台の黒いワゴン車が密集して止まっている。鈍い灰色をした小型のバスも見える。どことなく異様な光景だったから、自分は注意してそれらを観察した。ナンバープレートは、すべて「品川」だった。

当车站的样子被用眼睛清楚的扑捉到时候,不协调的光景的感觉马上就扩大了。那里是在果园中心的一个小镇的车站。然而,数台黑色的面包车在检查口停车场密集的停了下来。可以看见灰色的迟钝的小型的巴士。因为异样的景色,所以自己无论到哪里都注意这些。骑车拍照全是【品川】。
 黒光りする車列の脇を抜けて、改札で適当に切符を買った。ほぼ二日間ろくに眠っていなかったので、引き続いて徒歩の旅行を続けるには体力の限界だったのだ。自分は若い男の駅員に切符を見せると、そのまま上りのプラットホームで電車を待つことにした。特に目的地があったわけではないし、わざわざ陸橋を渡って向かいのホームに移る理由もない。かなり久しぶりに屋内に入ったせいで視界がひどく暗かった。自分は目の前を手探りで這い進むように、光の満ち溢れるプラットホームへと抜け出た。

通过黑色发光的车队旁边,在适当的检票口买了票。大概有两天没有好好的睡觉了,连续的徒步的旅行,所以体力已达到极限了。自己向车站的年轻的男工作人员出示的话,这样就可以去上行的站台等地铁了。没有特别的目的地,,没有特别的越天桥到达对面那家的理由。由于很长时间没有进室内,所以视野特别的暗。自己在眼前用摸索爬进着,向着露出阳光的平台出来了。
 そして、すぐに駐車場をぎっしりと埋めていたワゴン車の理由が分かった。向かい側のホームで、かなり規模の大きい写真撮影が行われていたのだ。
 最初は、映画かテレビドラマの撮影だと思った。照明を反射させる銀色のボードが数枚掲げられ、その中心には被写体らしき可憐な女の子がいる。彼女は突っ立ったまま目を閉じて、為されるがままにファンデーションを塗りたくられていた。ホーム上に混み合うメイクの担当者に、汗まみれの照明係。さらには手持無沙汰に立ちすくんでいる関係者らしき人間たち。全部で、十五人ほどだろうか。ただし、動画用の撮影機材と音声用のマイクがないので写真だけだとすぐに分かった。撮影の合間らしく、カメラは日陰のベンチの上に置かれている。

并且,马上明白了挤满了满满的停车场的面包车的理由。在对面的那家,相当大规模的照片被进行摄影。

最初的时候,以为是电影或者电视剧的拍照。反射照明在银色的板上的数件,在那个中心好像被拍摄的是个可爱的女孩。她呆立的闭上眼睛,但仍然被在脸上胡乱涂抹粉底。对家里制造拥挤的负责人沾满汗水的灯光师。看似懒惰而且正在惊呆的有关人人员的人们。全部是十五个人吗?但是因为没有提供动画使用的拍摄机械材料和声音使用的麦克风所以马上知道只能是照片了。好象摄影的间歇,照相机被放在背阴处的长凳上面。
 可憐な女の子。たしかに、彼女は目を惹くほどの美しさだった。ほっそりと痩せていて、髪は黒く長い。淡い紫色のワンピースを着て、なぜだか自分と同じように大きなバックパックを背負っている。おそらく、そういう衣装なのだろう。年齢は自分と同じくらいか、あるいは二つほど年下にも見えた。

可怜的女孩。确实,她是吸引眼的那样的美丽。纤细瘦条,头发很黑地长。穿浅的紫色的连衣裙,与自己为使一样为何背着大的背包。恐怕,那样的服装吧。年龄与自己同样,或也显现出来了小二个岁数。
 自分はホームの半ばに置かれた日陰のベンチに座り、向かいの撮影現場を眺めることにした。他にすることもない。靴の紐を弛めて、背もたれに仰け反るようにして座った。体中に溜まっていた二日分の疲れが、電化製品のアースから流れ出る静電気のように足裏からコンクリートへと逃げていった。

自己坐在被在那家的中间放的背阴处的长椅上,决定观察对面的拍摄现场了。其他什么也没有做。把鞋的带子松开,对背面向后仰,坐下了。身体中里积存的两天份的疲劳,像从电气化产品的地球流出静电一样地从脚掌向混凝土逃跑了。
 それから五分間ほど、自分は放心しながら目の前の光景を見つめ続けた。心地のよい日陰から日向の眩しい中で働いている人たちを見ていると、ふいに罪悪感さえ覚えてしまう。照明機具を抱えた男性たちは大粒の汗を額に浮かべている。一眼レフを持った女性が地面に片膝をついて、何度も入念に試し撮りをしている。ただ、黒髪の女の子は水色の日傘の下でメイク担当の若い女性と愉し気に談笑をしていた。どうやら撮影はまだ始まらないらしい。自分には彼らの段取りがまるで理解できなかった。さっさと撮影すればいいのに、と焦らされた気分になってしまう。

然后,5分钟左右,一边发呆,一边自己继续注视了眼前的光景。看着从感觉好的背阴处在向阳处晃眼中工作的人们的话,突然有连罪恶感。抱照明机具的男性们到额浮起着大粒的汗。拿单镜头反光相机的女性用片膝顶地面,好多次细心地做着尝试拍摄。只是,黑发的女孩子在水色的阳伞下与担当化妆年轻的女性相互做介意着。好歹拍摄好像还没有进行。自己最他们的计划完全不能理解。变成赶快摄影的,被焦急的心情。
 と、そのとき、二つのプラットホームを繋ぐ階段から痩せた若い男性が降りてきた。撮影の関係者のうちの一人だ。自分は少しだけ身構えながら、その男を見つめた。そして次の瞬間に、どんな表情をすればいいのか迷ってしまった。向こうの方は、ひと目で笑みだと分かるような、はっきりとした笑みを浮かべている。まっすぐにこちらを見ながら、迷わずこちらへと向かって来る。自分が身の振り方に戸惑っている間に、男は小さく頭を下げて会釈をくれた。自分も出来るだけ愛想よく微笑んで、それに返した。男は目の前を通り過ぎると、一 人分の間を空けて自分の隣に無言で腰を下ろした。ベンチの重心が移動するのが確かに感じられた。

从两个站台接在一起的楼梯瘦的年轻的男性那时下来了,是我们一个摄影的有关人员。自己只稍微一边摆架子,一边凝视那个男人。并且在接下来的瞬间,做怎样的迷惑表情才好。对面,浮起着作为像是一看就是明白笑容一样的,清楚的笑容。一直一边看这边,一边朝这边走来。在自己不知所措的期间,男人很小地垂下头给了打招呼。自己尽可能亲切很好地微笑,在那个时候还了。男人走过眼前的话,在隔壁一人分之间往自己旁边无言坐了下来。确实能感到长凳的重心移动。


分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团