2015.05.05【日译中】【小说】迷茫管家与懦弱的我 第一卷 第一话(8)(23句)

独孤绝涯 (俺様はケヴィンです) 译译生辉
11 1 0
发表于:2015-05-05 18:12 [只看楼主] [划词开启]

「………!」 
「………!」 


思わずポンと手を叩いてしまった。
我不禁拍了下手。


……なぁんだ。 
……原来如此。


考えてみれば簡単なことだ。あはは、馬鹿だなぁ俺は。なんで思いつかなかつたんだろう。真実はいつも一つ。こんなの至極単純な答えじゃないか。
想想其实很简单。啊哈哈,我真是笨蛋啊。为什么我没有想到呢?真相只有一个。答案极其简单。


——変態。
——变态。

そう、近衛スバルは女装趣味のある変態だったのだ。
对,近卫昂是有女装趣味的变态。

いや、待つんだ坂町近次郎。もう一回よく考え直せ。だってあのスバル様だぞ。そんじょそこらのヤツとはわけが違う。
不,等等坂町近次郎。再好好想想。他可是那个昂大人啊。和那些随处可见的家伙可不一样。


「……でもなぁ、」
“……不过”

やっぱり、そうとしか考えられん。きっと近衛は女性用下着を身に着けることで何らかの性的快感を覚えてしまうちょっとオチャメな体質なのだ。じやなきゃなんであんなパンツ穿いてんだよ。
果然,只能这么想。近卫肯定是穿上女人的内衣,就会觉醒性快感的有点调皮的体质。要不然为啥会穿那种内裤啊。

「……なんてこった。あのスバル様が変態だったなんて」
“……怎么会这样?那个昂大人是变态啥的。

驚愕の真実に頭が白黒する。
惊异的事实,让我脑子一片空白。


何にしても、この事実は墓の下まで持っていかなきゃマズい。もしこの情報が外に漏れてみろ。大勢の女子生徒が生きる希望を失って非行に走るかもしれないし、最惡うちの担任あたりが責任を感じて首を吊るかもしれん。

不管怎么样,我必须把这个事实带到坟墓里去,否则就糟糕了。如果这个情报泄露出去。大批的女生可能会失去活着的希望步入犯罪的道路,最糟糕的情况就是班主任深切地感受到自己的责任而上吊自杀。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团