※N1阅读※天天乐❤-----❀六百二十七番目❀

aproria (金刚) 天狗
605 86 1
发表于:2015-03-25 10:13 [只看楼主] [划词开启]



点击查看大图这些题,出自于网络资源,很久没有做一级的题,所以巩固一下。

点击查看大图有些题可能其他选项在语法上也没有错误,但是按照日本人的说话习惯为准。
点击查看大图选择最适合的选项。看答案,请刷新页面。


 点击查看大图


正文:

     

ぼくは、恐る恐るいちばんすみっこの窓口へ行って、教えられた列車の寝台券を申し入れた。
「……。」

そろばんをはじいていた駅員は、窓口の鉄格子越しにぼくの顔を見返した。ぼくは、もう一度、同じことを言った。
「何枚?」
と駅員は言った。ぼくは一瞬ためらった。寝台券を一枚しか買わないということが、非常に愚かな、貧乏くさいことのようにも思われた。
「一枚だけでいいんですが。」そう答えた後で、ぼくは慌てて、付け加えた。
「下、下の段のやつが、できたらほしいですが、なければ上でもかまいません。」
聞こえているのか、いないのか、駅員は顔を横に向けたまま、古びた手垢だらけの棚からノートを出して、何か書き込み、それからおもむろに青い切符に判を押したり、数字を書き入れたりして、
「……円……十銭。」
と、ぼくの出した金と引き換えに寝台券をよこした。やれやれ、とぼくは珍しく一度で用が片付いたことに、ひとまずホッとして、受け取った寝台券をたもとに しまいながら、すぐまたそれが、ちゃんとたもとの中に納まっているかどうかが気になった。その瞬間、ぼくはドキリとした。柔らかいたもとを探った手に、堅いボール紙の感触があって寝台券のあることは確かめられたが、窓口の台の上に、さっきぼくが出した五円紙幣がまた載っていたからだ。いや、それはさっき出 した札とは違う、確かに別の五円札だ。
駅員の頭の真上のあたりに、長いコードでつるされた電燈が緑色のかさをかぶってぶら下がっていた。しかし、石の台の上に置かれた五円札は、明らかに、ぼく が家を出る時、母から渡されたものとは同じでない。駅員は、その紙幣の上に何枚かの五十銭銀貨や十銭、五銭の白銅貨を、物慣れた手つきで重ねていた。
ちゃりん、と最後の銅貨が石の台に当たってたてる音が、ぼくの胸の底まで刺すように響いた。Aぼくは心臓の血が全部いっぺんに頭の中に込み上げてくる気がした。そして台の上の金を手の中に握り締めるが早いか、大急ぎで窓口を離れた。――しめた、駅員のやつ、つり銭を間違えやがった。
ぼくは、ほとんど夢中で駅前の人込みの間を擦り抜けた
(安岡章太郎 やすおかしょうたろう『幸福』から)



 点击查看大图


宿題:

-----------以下内容回复可见-----------

 点击查看大图

奖励:题目100HY


点击查看大图因为是阅读节目,如果单词,语法方面有疑惑请找小D,

点击查看大图至于对阅读的理解方面不懂的,可以留言给主持的。

点击查看大图N1阅读的练习和做题速度,是需要慢慢积累。



答题区

1、Aのようになったのはなぜですか。
2、「......。」の言葉は書いてありませんが、「ぼく」は何と言ったのですか。
  • 成绩排行
  • 最新参加
5人回答了问题 | 平均正确率30%

本帖来源社刊

全部回复 (86) 回复 反向排序

  • 1

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团