2015.07.14【日译中】修理回忆之时 黑猫爸爸(八)

发表于:2015-07-14 16:53 [只看楼主] [划词开启]

昔にぎわっていたのだろう痕跡は、街灯のポールにからみついた造花だけだ。どういうわけかそれだけが、今も色鮮やかに咲き誇っている。だからここは、商店街ではないただの道にはなれないまま、時の流れからも見放されてしまったのだろうか。

过去繁华过的痕迹,只能在缠绕着路灯竿的人造花上找到。为什么这样说呢,因为只有这些花现在仍然色泽鲜丽地绽放着。所以这里不再是商店街,却又没有变成纯粹的街道,就这样被流逝的时光抛弃了吧。


なんてことを考えるほど途方に暮れていたとき、背後から声がした。

就在她越考虑越想不出办法的时候,从背后传来了声音。


「あんたか、新入りの床屋」

“就是你吧,新来的理发师。”


そこに立っていたのは、いかにもちゃらちゃらした、ぎりぎり未成年かどうかという年頃の男だった。日焼けした顔に脱色した髪を逆立てている。銀色のネックレスやピアスを重そうなくらいいくつもぶら下げているが、服装はなぜか作務衣だ。さらに不可解なことに、ネックレスには曲がった鍵やナット……のようながらくたばかりがぶら下がっていた。

站在那里的无论怎样看都是个轻薄男子,年纪大概在成年与未成年之间。晒黑的脸,浅色的头发往后竖,银色的项链和耳钉重叠戴着好几个,但是不知为何却穿着僧侣的衣服。更不可理解的地方是,项链上尽挂着钥匙、螺母等零散的东西。


「俺に挨拶がなかったようだが。さっさと参拝をすませろよ」

“你好像还没有和我打过招呼吧,快点去参拜啦。”


彼は明里をにらむように見下ろしてそう言う。ちんぴらみたいなこいつへの挨拶と、参拝という言葉が結びつかなくて、明里はあからさまに眉をひそめた。

他俯视着明里说道。和小混混一样的这家伙打招呼,与参拜什么的完全联系不上来嘛,明里不由得皱眉。


「参拝って?」 

“参拜?”


「神社だよ。新入りは、賽銭はずまないとばちが当たるぞ!」

“就是神社啊,新来的人如果不捐香火钱的话,小心遭报应哦!”


「神社?」

“神社?”


「この奥にあるだろうが。由緒正しい神社がよ!」

“就在那深处的由绪正神社啦。”


そういえば、昨日こちらへ来るとき少々道に迷い、神社らしき場所を通り抜けたことを思い出す。

说起来,昨天来到这的时候有点迷路,记得似乎穿过了类似神社的地方。


「新入りは札を入れろ。小銭じゃ御利益はねえぞ」

“新来的人要放纸钞,小钱是不灵验的哦。”


「はぁ」

“啊?”


まつたくわけがわからない。

完全不能理解。


「太一、また賽銭を盗むつもりだろう」

“太一,你又打算偷香钱了吧。”


今度は別の声がした。ゴミ袋を手にした、思い出の修理屋さん、かどうかよくわからない、飯田秀司という彼だった。

这回传过来的是另一个声音。手里拿着垃圾袋,回忆修理店的——是与不是她不太清楚——那个叫饭田秀司的人。


電柱の下にゴミを出し、おはようございます、と彼は朝からさわやかな笑顔を明里に向ける。寝起きの髪を束ねただけで、まだ朝日に慣れずに目がふさがり気味になってしまう明里はつい顔を背けて、もごもごとおはようの返事を返すのがやっとだ。

他将垃圾袋放在电线杆下,以清爽的笑容向明里打招呼:“早上好。”早上起来头发只是随便扎了一下,还没有习惯清晨的阳光而双眼眯着的明里不禁转过脸去,磨磨蹭蹭地回了一声“早上好”。


「また、って何だよ。いつも借りてるだけだ。ちゃんと返してる」

“什么叫‘又’,一直都只是借而已,有好好地还回去。”


「どうかな。それに、お賽銭は強要することじゃないよ」

“是吗?而且,你现在不是在强要香钱?”


「それは、彼女のためを思ってだな」

“这是为了她好。”


「ちよつと、どこがわたしのためよ」

“等等,怎么是为了我啊!”


「だってそうだろ。お参りを忘れたら商売うまくいかねえぞ」

“就是那个吧那个。忘了参拜的话生意是做不好的哦。”

最后编辑于:2015-07-15 00:34
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团