2015.07.16【日译中】アリスメア・第一章2-3

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
156 1 2
发表于:2015-07-16 11:30 [只看楼主] [划词开启]


Alice mare (アリスメア)
【著】△○□×(みわしいば)
手打搬运 请勿随意转载



 今の状況が掴めずに、頭の中がぐるぐるとする。そんな僕の様子に気づくと、その人も心配そうな表情を浮かべた。
  无法把握现在的状况,我的脑中一片混乱。那个人察觉到我的样子后,表情带上了些许担忧。

「……大丈夫? 顔色が随分と悪いけれど」
 “……没事吧? 你的脸色相当差啊”

「……大丈夫、です」
 “……我、没事”

 僕は、相手にきちんと聞こえたのか不安になるほど小さな声でそう答えた。
  我如此回答道,声音小得几乎要让人担心对方是否能听见。

「そうか……良かった」
 “是吗……那就好”

 その人は、そう言って安心したように微笑んだ。僕はきちんと伝わった事にほっとし、同時に子供のような笑い方をする人だな、と思った。
  那个人这么说完之后,像是安心了一般微笑起来。看来我的意思已经好好地传达给他了。我松了一口气,同时又觉得这个人笑起来就像个孩子。

「……記憶喪失だと、彼から聞いたんだ。大変だったね。ここに一人で居続けるのも、心苦しいだろう? 僕の住む施設には、君と似たような境遇の子達が居るんだ。良かったら、君も落ち着くまで僕達と一緒にその施設で生活をしないか?」
 “……我听他说,你失忆了。真是糟糕啊。即使继续一个人呆在这里,也依旧会觉得很难过吧? 我的设施里住着几个和你有类似遭遇的孩子。如果可以的话,你在找到着落之前,要不要和我们一起在那里生活呢?”

 思いがけない誘いに僕は驚いた。今はじめて会ったばかりの人に、一緒に住もうと言われている。安易に「はい」と言ってしまって良いものかと、返答に窮してしまう。
  受到这样意想不到的邀请,我吓了一跳。这个人明明才刚见面,却叫我和他一起住。我不知道是否可以简单地回答一句“好”,不禁语塞了。

「すっとここに居ても、面白いもんなんてあんまりないからさ。俺なんかと話をするよりは、こいつの所で同じ年頃の子達と話をするほうがいいんじゃないかって思って頼んだんだ。見た目はこんなだが、信頼できるやつだぜ」
 “即使一直呆在这里,也没什么有意思的东西啦。我觉得,与其和我这样的人说话,你还不如到这家伙那里去,和同龄的孩子们说说话比较好。所以我才拜托他过来的。他虽然看起来这副样子,但却是个可以信赖的家伙哦”

 困惑している僕の様子を見て、助け舟を出すように栗毛のお医者さんがそう言った。僕の目の前にいる人は、失礼なやつだな、と言うようにお医者さんの方を見ていたが、僕の視線に気づくと、苦笑して肩を竦めた。
  看到我为难的样子之后,栗色头发的医生推了我一把。眼前的人瞪着医生,仿佛在说:“你真是个没礼貌的家伙”,但在注意到我的视线之后,又苦笑着耸了耸肩。

 確かに、ここにいてもベッドの上で本を読むくらいしか、出来る事はない。知らない大人達と話をするよりは、知らない子供達と話をする方が大分気も楽になると思う。
  确实,即使呆在这里,我也只是在床上看看书,没其他可做之事。比起和不认识的大人们说话,还是和不认识的孩子们交流要轻松地多。

 若干不安も残るが、僕はその人の施設へ行く事に決めた。そう伝えると、その人も少しだけ微笑んだような気がした。
  虽然还留有些不安,我还是觉得到那个人的设施里去。这么和他说了之后,我感觉那个人也微微笑了一下。



undefined
◇Allen。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团