2015.07.16【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第二章30

qianchang80 (MisakaChio) 译译生辉
6 0 0
发表于:2015-07-16 16:23 [只看楼主] [划词开启]

 やおらウサミミをむしりとったハルヒはそれを床に叩《たた》きつけると、バニーの制服を脱ごうとし、俺は走って部室を後にした。

  春日不慌不忙地把兔耳朵脱掉,扔到了床上。看到她刚准备脱校服,我赶紧跑出了活动室。

 

「いつまで泣いてんの! ほら、ちゃちゃと立って着替える!」

  “你要哭到什么时候啊!快给我站起来换衣服!”

 

 廊下の壁にもたれて二人の着替えが終わるのを待つ。

  我靠着走廊的墙壁等他们俩更衣结束。

 

露出狂《ろしゅつきょう》というわけではなく、ハルヒは自分たちの半裸《はんら》姿が男にどういう影響を与えるかがまったく理解できていないのだろう。

她也并不是暴露狂,只是她完全没有理解自己这种半裸身姿会对男生造成怎样的影响。

 

バニーガールのコスプレも扇情的なところに着目したからではなく、単に目立つからに違いない。

而且兔女郎的cosplay也并不是因为煽情之处而引人注目——只是单纯的吸人眼球罢了。

 

 まともな恋愛が出来ないはずである。

  这样的情况应该是培养不出一段真正的感情的吧。

 

 少しは男の、少なくとも俺の目くらいは気にかけて欲しいものだ。気疲《きづか》れすることこの上ない。

  少部分男生,至少包括我是想去看看的。这件事真让我操碎了心。

 

朝比奈さんのためにも、そう願わずにはいられない。それにしても……長門も少しは何か言ってくれよ。

当然是因为想看美丽的朝比奈学姐咯,想入非非的我无法自拔啊。话说回来,长门你倒是说几句话啊。

 

 やがて部室から出てきた朝比奈さんは滑《すべ》り止めすら引っかからずすべての受験に失敗した直後の三浪生のような顔になっていた。

  终于朝比奈学姐从活动室走了出来,满脸惆怅?,仿佛像刚刚经历了防滑物也无法阻止考试三连跪。

 

かける言葉が見つからないので黙っていたら、

跟她说话也不应,一直沉默不语

 

「キョンくん……

 深海に沈んだ豪華客船から発せられる亡霊のような声が、

……私がお嫁《よめ》に行けなくなるようなことがあったら、もらってくれますか……?」

  “阿虚。。”

  这声音,仿佛像是从沉入深海的豪华客船中发出的亡灵之声一样。

  “如果我嫁不出去了,你可以接受我吗?“

 

 何と言うべきか。って言うか、あなたも俺をその名で呼ぶのですか。

  我该说些什么好。不对啊,难道你也这么称呼我了?

 

 朝比奈さんは油の切れたロボットの動きでブレザーを返した。

  朝比奈学姐的动作犹如没油了的机器人一样,把外套还了回去。

 

胸に飛び込んで泣いてくれたりするのかなと不埒《ふらち》なことを一瞬考えたのだが、彼女は古くなった青葉のようにひしゃげきった面持ちで歩き去った。

一想到让朝比奈学姐埋头痛哭之类的可恶的人。神情恍惚,娇容凋零的她慢慢离去。

 

 ちょっと残念。

  可惜了。

 


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团