2015.07.16【日译中】修理回忆之时 黑猫爸爸(九)

发表于:2015-07-16 22:47 [只看楼主] [划词开启]

見かけに似合わず信心深いらしい。なのに賽銭泥棒?いや、それはともかく。 

他说着与外表给人的感觉不符,似乎信心满满的话语。那香钱小偷又是什么?不不,这先不谈。


「商売って?何の話」

“生意是指什么?”


「えっ、あんた、床屋を継ぐために帰ってきたんじゃないのか?」

“诶?你不是为了继承理发店才回来的吗?”


帰ってきた、という言葉が、不意に明里の胸に突き刺さった。はたして自分は、ここへ帰ってきたのだろうか。帰ってきたなんていってもいいものだろうか。

出其不意的“回来”二字,让明里感觉胸口突然被刺了一下。自己果然还是回到这里了吗?说成“回来”什么的真的好吗?


「床屋?」

“理发店?”


と修理屋さんが首を傾げながらロをはさんだ。

修理店老板露出迷惑的表情,插口问道。


「この人、昨日シュゥの店の斜め向かいに引っ越してきた人だろ?今さっき、あそこの床屋から出てきたぞ」

“这个人是昨天搬到秀你的店斜对面的吧?刚刚她就是从理发店里出来的。”


「ヘアーサロン由井……」とつぶやき、唐突に彼は「あっ」と声を上げる。

“美发沙龙由井……”他喃喃自语,然后突然“啊”的一声。


「仁科さん……?」

“仁科小姐……?”


「はぃ」

“是的。”


「ええっ、顔が違うけど」

“嗯嗯,脸看起来不同呢。”


同一人物だと気づかれてなかったらしい。確かに昨日の明里は、フルメィクに奇抜な髪型だった。

似乎被认为是两个不同的人了。确实,明里昨天好好画了妆,而且弄了个奇特的发型。


「何だ?整形でもしたのか?」

“什么?你还整过容?”


茶髪の彼が言う。

茶色头发的男子问。


「そんなわけないでしよ」

“怎么可能?”


「どっちが本物?」

“谁才是真的?”


修理屋さんは、真剣に不思議そうな顔で明里をじっと見る。本物ってなによ、と思いながらも、さすがに昨日の格好はどうかと思い始めた。

修理店老板似乎很惊讶,认真地盯着明里看。话说,什么叫“真的”啊?明里暗想,但还是开始认真回想昨天的打扮。


「こっち」

“这个。”


「よかった」

“太好了。”


って、どういう意味?

这是什么跟什么嘛?


「それより、仁科さん、出かけるところじやなかったの?」

“比起这个,仁科小姐,你刚出门正要出门吧?”


ようやく普通の会話に戻ってほっとする。

对话终于回到正轨,明里松了口气。


「そうそう、このへんにコンビニか何かあるかな。食べるもの、買い忘れてて」

“是啊,这附近有便利店什么的吗。我忘了买吃的东西。”


「うーん、駅前にしかないなあ。商店街にパン屋があるけど、まだ開いてないし」駅前、と聞いたとたん、明里は明らかに落胆したに違いない。

“唔——只有车站前才有呢。商店街倒是有面包店,但是还没开门。”听到“车站前”几个字,明里明显地情绪低落起来。


「朝食まだなの?だったらうちへおいでよ」

“还没吃早饭吗?那去我家吃吧。”


「えっ、でも」

“诶,但是……”


修理屋さんは、実は食べ物も売っているのだろうか。そんなはずはない。だったら 何?ご飯を食べさせてくれると言っている?そんな、ほぼ初対面の女に?

修理店老板原来也卖吃的东西啊……当然不可能。那又是怎么回事呢?请吃饭?对这种几乎可以说是第一次见面的女性?


いくら何でも、ほいほいとそんな状況に甘えるなんてどうなのか。そう思いながらも、朝食、という言葉が明里の空腹を刺激した。

不管如何,不客气地马上接受邀请不太好吧?虽然这样想,“早饭”两个字还是刺激到了明里空空的肚子。


「いいから。どうせ太一も来るし」

“没关系的啦。反正太一也要来。”


最后编辑于:2015-07-17 22:47
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团