2015.07.17【日译中】【小说】記錄地平線(ログ・ホライズン) 異世界の始まり(上)001-3(457字)

发表于:2015-07-17 13:11 [只看楼主] [划词开启]

 僅供學習及參考用,請勿轉載


 シロエの表層的な思考はいま現在でも殆ど用を為していない。周囲にいる人間たちと同じくパニック状態にある。けれど、その内側、シロエの本体とでも云うべき部分は少しだけ冷静さを取り戻していた。

 處在與他人一樣的恐慌中,城惠的表層思考幾乎起不到任何作用。不過,在其內部可稱作城惠本身的部分則稍微恢復了冷靜。


 本人にそのつもりはないが、やはり老成してしまっているのかも知れない。望んでなった訳ではないけれど、脳内のどこかがしんと冷えている。

 本人並沒有這樣的打算,也並未如此期望著,然而或許確實是很老成吧,城惠腦內的某個部份悄悄地冷卻了下來。


 言ってしまえば、見栄えだ。

 坦白說就是重視外在。


 「格好悪くなりたくない」という見栄えが、シロエの少年期をいち早く終わらせた。それを周囲は落ち着いている、と評したのだろう。

 「不想顯得很難看」這種態度讓城惠的少年時代飛快地結束了。他人對此的評價應該是很沉著冷靜吧。


 (狐や狸に化かされる、なんて云う話があるけど……。すごいな、これ。ばかばかしすぎて危機感も湧いてこないや。)

 (也有人說是像狐狸或是狸貓之類的......。不過這還真是厲害啊,太過荒謬而一點危機感都沒有。)


 手のひらを握ったり開いたりする。思い通りに動く自分の手。

 將手掌反覆握緊又放開。那是自己的手,能夠依想法般動作。


 しかしその手はシロエが見慣れたモノよりもほっそりとしていて、器用そうだ。身体の方も自分のそれとは各部の比率が微妙に違い、着たことはないはずのゆったりしたチュニックのような物をまとっている。その衣服の着心地は覚えが全くないのに、色合い自体は見覚えがある。

 然而卻比城惠看慣的手還要纖細,而且似乎很靈巧。身體方面也跟自己在各部位的比例上有著微妙差距,身上則穿著理應沒穿過的寬鬆上衣。明明完全不記得穿起來的感覺,卻似乎對衣服的色調有著印象。


(身体は思い通りに動く。……違和感があるのは手足のサイズが微妙に違うせいみたいだな……。大きい差じゃなくてよかったけど)

 (身體能按想法般動作。......感到不協調似乎是手腳的大小有微妙的不同所致吧......,差別不是很大,還是比較幸運的就是了。)


 目の前に広がっているのはアキバの街。

 在眼前展現的是秋葉原鎮。


 いくつもの廃ビルがアスファルトのあちこちから旺盛に伸びるツタに絡みつかれ、精霊力の恵みを受けた古木と融け合った、多くのプレイヤーの本拠地。今や郷愁を覚えるほどに慣れ親しんだーー<エルダー・テイル>日本サーバー最大の街だ。

 這裏是<幻境神話>日本伺服器中最大的城鎮,也許多玩家的大本營。在柏油路的各處,許多廢棄樓房被旺盛生長的藤蔓纏繞著,與受精靈之力滋潤的古木相互交融現在讓人感到思鄉般地熟悉。


上一頁                             下一頁

最后编辑于:2015-07-17 19:59

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团