2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(4)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 15:23 [只看楼主] [划词开启]

だが、真に恐ろしい事は――この時点で既に、彼の頭の中からは『張間美香』という存在が消え去っていたという事だ。自分が手にかけた存在ではあるが、彼には既に彼女の顔も声も思い出せない。彼にとっては自分の愛の障害となる女を排除しただけであり、愛のみに生きる男は、排除した障害をいちいち覚えるような真似はしないのだ。

然而,真正令人恐惧的是——这一刻,“张间美香”这个人已经从他的脑中消散了这一点。虽然是自己亲手杀掉的人,但他已经连她的脸和声音都想不起来了。对他而言,他只是排除了成为自己爱情的障碍的女人,而为爱而活的男人,是不会做那种把排除掉的障碍一个个记住的事的。

 

「いざとなったら、また姉さんのカードを盗んで忍び込もう」

“要是遇到紧要关头,就悄悄地再偷一次姐姐的识别卡吧。”

 

物騒な事を考えていると――彼の前で、研究所から清掃業者の車が出て行った。

就在他想着这种危险的事情的时候——一辆保洁车从研究所里开了出来,从他面前驶过。

 

だが、誠二は知っていた。あれが実は清掃業者ではなく、研究室で『下』と呼ばれている、直属の『人攫い』だという事を。人攫いと言っても遠い外国であるような話ではなく、非合法な人体実験の類を行うためのものだ。

不过,诚二知道。那其实并不是保洁人员,而是被称为研究室的“手下”,直属于他们的“人口贩子”。虽说是人口贩子,但也不是在遥远的外国才有的那种人口贩子,而是为了进行非法人体试验的那种贩子。

 

そして誠二は知っていた。この人買いを利用し始めたのは、全て『彼女』の研究のためだという事に。彼女の細胞やDNAデータ、あるいは体液といったものをそうして攫ってきた人間を使って実験を行うのだ。リアルに存在する『首』の為に、どうしてそのように都市伝説的な事をやらなければならないのか不思議だったが、恐らくは矢切製薬をのっとろうとしている『ネブラ』がプレッシャーをかけているのであろう。誠二はそう理解していた。

诚二还知道,之所以开始利用这种人口贩子,全都是为了“她”的研究这件事。他们把她的细胞和DNA信息,甚至体液都用在这种拐来的人身上做实验。为什么必须要为了一个现实中存在的“人头”而做这种像都市传说一样的事——虽然这让他感到不可思议,但这恐怕是想侵占矢雾制药的“内布拉”给他们施压的缘故吧。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 15:27

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团