2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(10)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
1 1 0
发表于:2015-07-19 16:50 [只看楼主] [划词开启]

新宿に移る時、臨也は置き土産とばかりに、彼に幾つかの罪を擦り付けていった。勿論、そこから自分が目をつけられるようなヘマはせずにーー

搬去新宿的时候,临也留下了一屁股的麻烦,还让静雄背了几次黑锅。当然,他没有犯那种让人揪到自己的错——

 

それ以来二人の対立は決定的なものとなり、どちらかがどちらかの街に行くたびにトラブルが起こる。トラブルと言っても単なる喧嘩であり、臨也が上手く立ち回るので警察や暴力団が出るような事態にはまだ陥っていないのだがーーーー

从那开始他们两人的对立就成为了定势,每次他们中的哪一个去到另一个人所在的街上都会惹出事端。虽然称作事端,但只是单纯的打打架,因为临也很会东奔西跑,所以还没陷入出动警察或者暴力集团的状态,但是————

 

「俺は門田とか遊馬崎とは違って、何かやらかす時はいつも一人だった。それは臨也だって同じだと思う。あいつには仲間ってものが居ないからさあ。だけど、俺だって寂しくないわけじゃないんだ。形だけでもいいから、本当は人と関わりたいんだけどね」

“我跟门田和游马崎不一样,干什么的时候总是一个人干。我觉得就算是临也也一样。因为那家伙没有朋友啊。但是,就算是我也不是不会觉得孤单的啊。就算只是个形式也好,不过我真的想跟别人产生关系啊。”

 

愚痴を溢し続ける静雄に対し、セルティは適当にヘルメットを傾けて頷くフリをし続けた。

面对一直发着牢骚的静雄,塞尔提一直适当地倾斜一下头盔,作出点头的动作。

 

サングラスをかけたバーテンダーと、ヘルメットを被った『影』。傍から見ると中々シュールな映像だったが、街の人々はちらりと目を向ける程度で、それ以上は特に気にする様子も見せてはいない。

戴着墨镜的酒保和戴着头盔的“影子”。虽然从傍观者来看是一副颇为超乎寻常的画面,但街上的人们只是朝这边瞥一眼的程度,在此之上看不出特别在意的样子。

 

静雄は大分酒が入っているようで、恐らくはサイモンの働く寿司屋で飲みまくったのだろう。

静雄好像喝了不少酒,恐怕是在赛门工作的寿司店被不停灌的吧。

 

放置するのも気がひけたので、暫くその愚痴に付き合っているとーーーー

放着不管也会招人侧目,还是暂时陪他发发牢骚吧,就在这时————


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 16:55

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团