2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(11)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
1 1 0
发表于:2015-07-19 16:54 [只看楼主] [划词开启]

「しかしーー臨也の奴、何でこの街に来たんだ?」

“不过——临也那家伙为什么要到这个街区来呢?”

 

その答えについてはセルティが知っている。臨也の歪んだ趣味の舞台が池袋だっただけだろう。だが、セルティにも一つ気になる点があった。

塞尔提知道这个答案。大概只是因为临也不正常的喜好的舞台在池袋吧。不过,塞尔提也很在意一点。

 

——昨日今日、二日続けているのは確かに珍しいな。

——昨天加今天,连续两天确实有点稀奇啊。

 

新宿を根城にする情報屋は、決して毎日が暇という事も無いはずだ。静雄がいるにも関わらずに滞在を続けているとなると、何らかの目的があって来ていると考えた方が普通だろう。

以新宿为根据地的情报贩子,绝不可能每天都这么闲的吧。毫不顾忌静雄在此还一直呆在这里的话,一般都认为他是为了什么目的而来的吧。

 

「そういやあいつ、来良学園のガキに何か話しかけてたような気が……」

“话说那家伙,好像跟来良学园的小鬼说了什么话的样子……”

 

そこまで呟いて、静雄は不意に言葉を止める。そして、町の雑踏に目をやりながらーーーー

嘟哝到这里,静雄冷不防地闭上了嘴。然后把目光看向了街上拥挤的人潮————

 

「何の騒ぎだ?」

“在吵什么啊?”

 

静雄の呟きに、セルティは周囲に視覚を向ける。街を歩く人々の内、何人かが一人の人間を振り返って注目をしている。彼らの目線の先には、一人の女がいた。

随着静雄的嘟囔,塞尔提把视线转向了周围。走在街上的人里,有几个人正回头盯着一个人。在他们的视线那头,有一个女人。

 

少し前の通りを、パジャマ姿の女——年は十代後半だろうかーーが、おぼつかない足取りで夕暮れの街を歩いている。

年龄大概在15到19岁——一个身着睡衣的女人迈着飘忽不定的步子走在前面一点的傍晚的大街上。

 

もしかしたら怪我でもしているのか、もしかしたら街のごろつきに監禁されていたところを逃げ出したのかもしれない。

或许是受了什么伤吧?说不定她是从被街上的流氓监禁的地方逃出来了。

 

セルティとしてはなるべく目立つ真似はしたくなかったのだがーー人命がかかっているならそうも言ってはいられまいと、注意深く女の様子を探る。

尽管就塞尔提而言,她尽量不想做出引人注目的事来,但是——想到如果人命攸关,话就不能这么说了,她便谨慎地观察着女人的情况。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:00

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团