2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(15)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 17:13 [只看楼主] [划词开启]

「あの子、君の彼女?」

“那孩子是你女朋友?”

 

「そうだ! 俺の運命の人だ!」

“没错!她就是我命中注定的女孩!”

 

逃れようと手足をばたつかせながら、青年ーー矢霧誠二は自信に満ちた声で答えた。

青年——矢雾诚二一边挣扎着手脚想要逃跑,一边用自信满满的声音回答道。

 

「……彼女、何であんなんなの?」

“……女朋友,为什么那副德行?”

 

あくまで冷静なままで、静雄は相手の言葉に耳を傾けようとする。

静雄始终维持冷静,想要听清对方说的话。

 

「知るか!」

“我怎么知道!”

 

「じゃあ、彼女の名前は?」

“那,她叫什么名字?”

 

「そんなもの知るか!」

“这种事我怎么知道!”

 

遠目に見ていた野次馬達は、その瞬間、確かに寒気を感じた。それまで穏健な素振りだったバーテン服の男の顔に血管が浮かびーー周囲の温度を一気に奪い去った。

远远看着的围观群众,在这一刻的的确确感到了一股寒气。直到刚才还态度稳健的酒保服男人的脸上爆起了青筋——把周围的温度一口气夺走了。

 

周囲を底冷えさせて奪ったその熱を、全て己の怒りに上乗せしてーー平和島が、噴火した。

他将夺来的那些使周围降至冰点的热度,全部加诸到自己的愤怒之中——平和岛爆发了。

 

「なあんだぁぁぁそりゃあああーーーーーーッ!」

“你—说—什—么———!”

 

そして、そのまま青年の身体が宙を舞う。

然后,他就把青年的身体丢上了天空。

 

「嘘ッ!?」

“骗人!?”

 

その叫びは野次馬の放ったものだった。

一声喊叫从围观群众中传出。

 

静雄は何の躊躇いもなく、誠二の身体を車道に向かって投げ出した。

静雄毫不犹豫地把诚二的身体丢向了车道。

 

誠二の身体は信号によって停車した宅配便トラックの壁に叩きつけられる。もしも信号が青だったならば、誠二は今頃あの世行きだったかもしれない。それ以前に、人間が投げ飛ばしたとしてはありえない飛距離だったようにも見え、野次馬達は一斉に冷えた空気を呑みこんだ。

诚二的身体撞在了因为信号灯而停下的宅急便卡车的车箱壁上。如果信号灯是绿灯的话,诚二现在可能已经去到那边的世界了。在此之前,看着人被丢出去到难以置信的飞行距离,围观群众一起倒吸了一口冷气。

 

「好きな相手の名前も知らないってのはよぉー、ちょぉーっと無責任じゃあねえのか? あ?」

“连喜欢的人的名字都不知道的家伙啊,是不是稍—微有点不负责任呀?啊?”

 

全身を打ちつけれられて再び歩道に落ちた誠二に対し、静雄は再び襟首を掴んで自分の胸元へ引き寄せる。

对着全身被击打后再次掉在步行道上的诚二,静雄再次揪起了他的衣领拽到自己的胸前。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。

 


最后编辑于:2015-07-19 17:18

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团