2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(18)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
3 1 0
发表于:2015-07-19 17:25 [只看楼主] [划词开启]

「話を聞くだけだから、それにその状態で歩くのは危ないよ」

“我们只是问你一些问题,而且你这种状态走的话很危险哦。”

 

警官は本当に親切心から言っている様にも見えたがーー今の誠二にそんな暇はなかった。

尽管警察看起来真的是出于亲切才这么说的,但是——现在的诚二没有这个闲。

 

なんとか彼女の姿を探そうとしているとーー先刻の黒バイクの嘶きが聞こえてきた。

他打算想办法先找到她的人,就在这时——传来了刚才的黑摩托发出的嘶鸣声。

 

跳ね起きるようにそちらに目を向けるとーーそこには地下への入口に迫るように黒バイクが走りーーパジャマ姿の女がいてーー

他跳起来看向声音传来的方向——只见那边黑摩托疾驰着,好像要把穿睡衣的女人逼到地下入口一般——

 

「山さん、あのバイク!」

“山先生,那个摩托!”

 

「今はいい、俺達じゃ無理だ。交機にまかせとけ」

“现在就算了,我们拿它没办法。交给交警吧。”

 

警官達の言葉も耳に入らず、誠二はその女に目を凝らす。

诚二凝视着那个女人,对警察们的对话充耳不闻。

 

彼女は誰かに引き連れられるように地下へと入りーーその手を引いていたのはーー

她好像被谁拖着跑进了地下——牵着她手的人是——

 

「竜ヶ峰……帝人」

“龙之峰……帝人。”

 

女の手を引くクラス委員の姿を確認して、誠二はその場を駆け出そうとした。

确认了牵着她手的班长的身影后,诚二当即就想冲出去。

 

「あッ、君! 待ちなさい」

“啊,你等一下!”

 

「無茶しちゃいかん」

“不要乱来。”

 

警官二人に抑えられ、誠二はそのまま力なく暴れだす。万全の状態の彼ならばあるいは振りほどけたかもしれないが、静雄の一撃がまだ身体に残っており、思うように力が入らない。

被两个警察所压制,诚二就无力地狂暴起来。如果是处于最佳状态的他的话,或许还能甩开他们,但静雄的那一击的影响还残留在他体内,让他无法随心所欲地使上劲来。

 

「離せッ! 離せよッ! 彼女がッ! 彼女がそこに居るんだ! 離せ離せ離せ! 畜生、何でだよ、何でみんな俺の恋を邪魔するんだよッ! 俺が何かしたのかよ! 彼女が何かしたのかよッ! 離せ離せ離せーーーーーーッ!」

“放开我!放开我啊!我女朋友,我女朋友在那边啊!放手放手放手!可恶,为什么!为什么所有人都要妨碍我的爱!我做错什么了吗?她做错什么了吗?放开放开放开———————!”


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:30

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团