2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(23)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 17:42 [只看楼主] [划词开启]

新羅の声は真剣そのもので、先刻までの享楽的な雰囲気はすっかり消え去っている。

新罗的声音在认真不过了,直到刚才的那种享乐般的氛围全部烟消云散了。

 

ーー解っている。私だって、解ってはいるのだ。こうなってしまってはーー自分が、首を諦めるしか無いという事に。

——我明白。就算是我也明白啊。既然变成这样了——我除了放弃头也没别的办法了。

 

その思いを一頻り噛み締めた後に、セルティはゆっくりと指を動かした。

塞尔提仔细考虑了一阵这个想法后,慢慢地动起了手指。

 

『認めたく無いんだ。自分のしてきた事がーーこの20年間がすべて無駄だったなんて』

“我是不想承认。自己一直以来所做的事——这20年做的竟然全都是白费功夫。”

 

文字列を寂しそうに見つめた後ーーそれまで居間のパソコンの前でやりとりをしていた新羅が、セルティのいる隣の部屋の中に入ってきた。そして、セルティの隣に腰掛けながら、彼女のパソコン画面を直接覗き込んだ。

凄凉地盯了会儿这行文字后——直到刚才还一直在起居室的电脑面前聊天的新罗,走进了隔壁塞尔提呆的房间里。然后,一边在塞尔提的旁边坐下一边直接看向她的电脑屏幕。

 

「無駄なんかじゃないさ。ーー君が生きて来たこの20年は無駄なんかじゃない。これからの人生に生かせば、どんな事だって無駄じゃないさ」

“才不是白费功夫呢。——你活到现在的这20年才没有白白浪费。如果在今后的人生中继续活下去的话,不论什么事都不是白费功夫。”

 

『何を生かせというのだ』

“你让我为了什么活下去?”

 

「例えばーー僕と結婚すれば、これまでの20年はその布石だったんだなあって思えるようになるさ」

“比如说——如果和我结婚的话,至今为止的20年就可以想成为此而布局了呀。”

 

いけしゃあしゃあと言ってのける新羅に対し、セルティは暫し動きを止めた。

面对平静地说出厚颜无耻的话的新罗,塞尔提的动作停止了片刻。

 

普段ならば単なる冗談と受けとって流すのだがーー最近の新羅は、妙にそういう事を意識しているような気がする。

虽然平时的话她只会把它当做玩笑听完就忘,但是——她感觉最近的新罗不可思议地在意这种事。

 

『ひとつ聞いていいか?』

“我可以问你个问题吗?”

 

「いいよ」

“可以啊。”


上一页    一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:46

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团