2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(26)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 17:51 [只看楼主] [划词开启]

『しばらく、考えさせてくれ』

“让我再考虑考虑。”

 

「ああ、俺はいつまでも待つよ」

“好啊,我随时等你答复哦。”

 

そう言って再び爽やかな笑みを見せる新羅に対し、セルティはどうしても気になる事を聞いてみた。

面对说着又重新露出清爽笑容的新罗,塞尔提试着问出了自己无论如何都很在意的问题。

 

『それにしても、本当に私でいいのか? 他に人間の女も沢山いるのに、なんで首の無い……人間ではない私なんだ? どうしてだ?』

“话说回来,我真的就行了吗?明明还有很多别的人类的女人,为什么是没有头的……不是人类的我?为什么?”

 

「はは、蓼食う虫も好き好き、だろ?」

“哈哈,青菜萝卜各有所爱,不是吗?”

 

『自分でいうな。というか、私は蓼か』

“不要自己说出来!话说,我是蔬菜吗?!”

 

そうキーボードに打ち込みながら、セルティは自分の心に何か熱いものが渦巻くのを感じていた。そして、それこそが自分の新羅に対する感情なのだと確信する。

一边在键盘上这么打,塞尔提一边感觉到自己的心中激荡着某种炽热的感情。而且,她确信这正是自己对新罗的感情。

 

ーーああ、きっと私に心臓があれば、きっと自分の鼓動音が耳に聞こえるのかもしれない。

——啊啊,我要是有心脏的话,我大概肯定能过听见自己的心跳声了。

 

そう思いながらセルティは思い悩む。やはり、自分と新羅達人間の間にはとてつもなく隔たりがあるのだという事をーー。

塞尔提边思考边发愁。她愁的是——果然,自己和新罗他们人类之间有着巨大的隔阂。

 

デュラハンに心臓は無い。セルティの事を解剖した新羅の父親の話では、限りなく人間を模した構造をしているがーーどの臓器も形だけで、何の機能もしていないとの事だった。血管はあるのに血も通っておらず、身体の内部に血の色は無く、ただ純粋な肉の色だけが広がっていてーーまるで人体模型のようだったという。どういう原理で自分が動いているのかは解らない。何をエネルギーとしているのかも解らない。それにも関わらず、体の傷自体は異常ともいえるスピードで回復していくという始末だ。

杜拉汗没有心脏。用解剖了塞尔提的人——新罗的父亲——的话来说,尽管无限模仿人类的构造,但是——任何脏器都只有形状,却不具备任何功能。明明有血管却没有血流通过,身体的内部毫无血色,一整片都纯粹是肉的颜色——据说就像人体模型一样。她不知道自己是通过什么原理来活动的。也不知道自己以什么为能量。尽管如此,身上的伤自己却在以可谓超乎寻常的速度愈合的样子。


上一页    下一


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:54

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团