2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(27)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
6 1 0
发表于:2015-07-19 17:53 [只看楼主] [划词开启]

解剖を終えた後に、新羅の父親が『お前、どうやったら死ぬんだ?』と言っていたのが思い出される。

她想起来解剖结束后,新罗的父亲说:“你到底要怎样才会死?”

 

10年程たったある日、新羅は言った。『君はきっと影なんだよ。君は首か、あるいは異世界にある本体かーーそういった物の影なんだ。影が動くのにエネルギーがどうこう言っても仕方が無い』と。

过了将近10年后,某一天新罗说:“你一定是影子。你的头,或者在异世界的本体——都是另一个的影子。明明是影子在动,能量要怎么说都没有办法。”

 

影が意思を持って動くなどとは常識では考えられないが、自分自身の存在がどうやら常識ではないらしく、新羅の言う通り悩むのをやめる事にした。

虽然很难用常识思考影子拥有思想而且能动等等,但自我的存在好像并不是常识,便决定听新罗说的不再思考。

 

とにかく、数日の間は自分の首に集中しよう。

总之,这几天先把精力集中在自己的头上面吧。

 

そしてーーその結果によって、私は自分の生き方を決意する事にしよう。

然后——再根据结果来决定自己的生活方式吧。

 

セルティは拳に力を籠めながら、今日出会った二人の学生の顔を思い浮かべた。

塞尔提用力握着拳头,思维中浮现出了今天遇见的两个学生的脸。

 

二人とも真面目そうな表情をしており、最初の一人は、セルティや静雄に対して何の恐れも疑念も見せず、ただ強く鋭い眼差しで睨みつけてきた。後者はーーセルティに対する明らかな怯えを見せながらーーそれでも、口は彼女を見て笑っていたのだ。まるで、自らが恐れ敬う悪魔か鬼神に出会ったような、そんな表情だった。

两个人都有一副认真的表情,前者面对塞尔提和静雄没有露出任何恐惧或者疑问,只是用坚定而锋利的眼神盯向这边。后者对塞尔提露出了明显的畏惧,但是——即使如此,他的嘴在看见她时也是笑着的。就好像,他遇见了自己敬畏的恶魔或者鬼神一般的表情。

 

そこまで考えて、彼女は意識を己に向ける。

想到这里,她的意识朝向了自己。

 

ーーしかしーーそんな事は、全て私の身勝手な考えに過ぎない。

——不过——这种事全部都不过是我随便想象的罢了。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:56

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团