2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(28)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
11 1 0
发表于:2015-07-19 17:55 [只看楼主] [划词开启]

彼女は相手の目を含む表情から感情を読み取ったが、本当にそうだという確信が持てないでいた。自分には何かを訴える目も、笑顔や怒り、悲しみを伝える顔を持たない。そもそも人間の感情を司る脳味噌を持たないのだ。自分がどこで考え、どこで感じているのかすら解らない。そんな存在である自分が、どうして他人の感情を読み取る事ができるのだろう。

她虽然可以从包括对方的眼神在内的表情中看懂对方的感情,但她并没有真能做到的自信。她既没有含情脉脉的眼睛,也没有传达微笑、愤怒或者悲哀的脸。说来说去她根本就没有掌管人类情感的大脑。就连自己在什么部位思考,在什么地方感受她也不知道。自己作为这样的存在,如何可以明白他人的感情?

 

怒りの目、悲しみの目、人間の理論ーーそうしたものは、全てこの街で、知識として知りえた事だ。TVや漫画、映画などーー新羅が揃えるものは色々偏りがあったが、そのあたりは実際の街の様子やニュース等で矯正してきた。だが、所詮はすべて他から得た知識であり、それが真実なのかどうかーーそれはやはり、人間自身でなければ解らないのではないかと。

愤怒的眼神,悲伤的眼神,人类的理论——这些事,她全当做这条街上的知识来学习过了。电视、漫画和电影等——虽然新罗准备好的东西有种种偏颇,但这一带街道实际的情况和新闻等已经经过了纠正。不过,说到底这一切都是从旁得知的知识,至于这到底是不是真的——这果然如果不是人类自己是无法明白的吧。

 

だからこそ、先刻新羅に伝えたような不安が常にある。肝心の自分自身には感情はあるのか。それだけが常に心配だった。

正因为这样,她才常常感到刚才告诉新罗的那种不安。她担心的总是——关键的自己是否拥有感情。

 

昔はこんな事は気にもしなかった。自分の首を求めて生きるのが精一杯だったからだ。しかし、ここ数年ーーネットを通じて『人』との接触の機会が増えたことから、自分の感情や価値観がどれだけ人間と同じなのか、彼女は次第にそんなことを考えるようになっていった。

以前她根本不在意这种事。因为为了找到自己的头而活她就已经竭尽全力了。但是,最近几年——由于通过网络与“人”接触的机会增加了,她渐渐的会思考自己的感情和价值观到底和人类有多么相同。

 

最初は新羅に教えられておっかなびっくりの状態だったが、今では仕事と首を探す時以外は、殆どパソコンの前にいる。特にDVDプレイヤーやTVチューナーが内蔵された機種になってからは、映画やドラマもそれで間に合うようになり、パソコンの前にいる時間が急速に増加する始末だった。

虽然在刚开始新罗教她的时候她还是战战兢兢的状态,但如今除了工作和找头的时候以外,她几乎都呆在电脑面前。尤其是自从习惯了DVD播放器和电视协调器内藏的机种之后,电影和电视剧也变得可以应付了,最后呆在电脑前的时间也迅速增加了。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-19 17:58

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团