2015.07.19【日译中】デュラララ!!无头骑士异闻录 第九章 两个女主角 伤疤女篇(29)

珊狗儿 (狗狗) 译坛英杰
16 2 0
发表于:2015-07-19 17:57 [只看楼主] [划词开启]

ネットの上で次第にセルティは人に触れていった。パソコンの向こうにいる相手とは、互いに顔も経歴も知らないまま。だが、確かにそこには関係が生じている。そもそも彼女には最初から顔が無いのだ。通常の社会での知り合いは新羅を中心として数人しかおらず、自分の正体を完全に知っているのはーー新羅と新羅の父親のみだろう。首無しライダーの噂は広まっているようだが、自分が女で、なおかつデュラハンだという事までは噂では解らない筈だ。

渐渐的塞尔提在网络上遇到了人。她和在电脑那边的人依然相互不知道对方的长相和经历。但是,在这里确实产生了联系。从一开始她就没有脸。她在普通社会里的朋友只有以新罗为中心的几个人,完全清楚自己真面目的人——应该只有新罗和新罗的父亲吧。虽然无头骑士的谣言广泛流传,但是应该没有人知道自己是女人,甚至是杜拉汗一事。

 

必要以上に隠すつもりも無いが、自分から公開するつもりも無い。

她没有隐瞒不必要的事的想法,但她也没有自己公开的打算。

 

ーー新羅はああ言ったが、自分は人としての価値観を手に入れたい。今の私の人格が『人間』であるというのならば、私はそれを失いたくない。

——虽然新罗那么说,但我想得到作为人类的价值观。如果现在的我的“人格”是“人类”的话,我就不想失去它。

 

セルティは確かに人間ではない。だが、それに不安も感じている。

塞尔提的确不是人类。但是,她为此而感到不安。

 

もし首を取り戻しても記憶が取り戻せなかったら、自分は一体どうあるべきなのだろうかーー

如果取回了她的头也没有取回记忆的话,她又到底应该如何存在——

 

人間はこういう気持ちの時に、どういう顔をするのだろう。

人类在还有这样的心情时,应该是怎样一副表情?

 

知識としては解っているのに、彼女にはどうしても答える事ができなかった。

作为知识她明明是明白的,但她无论如何也无法做出回答。


上一页    下一页


声明:本文章仅供翻译爱好者交流使用,请勿转载,否则一切后果自负。


最后编辑于:2015-07-27 22:20

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团