2015.07.20【日译中】十二国记 图南之翼 (序章 四)

乔治奥威尔 (酷拉皮卡) 译译生辉
7 0 0
发表于:2015-07-20 09:32 [只看楼主] [划词开启]


「いらっしゃいませ」



 “欢迎光临”。



 彼が舎館の古びた石造りの門をくぐると、門の脇で塵《ちり》を拾っていた子供が、澄んだ声を上げ、あわてたように駆け寄ってきた。彼はその子供の顔を見て、大きく破顔する。



他走过古旧的石造院门,正在门口扫地的孩子,正高声招呼,然后慌慌张张跑过来。他看到那个孩子,咧嘴一笑。





「へえ、おまえ、小明《しょうめい》か」



“诶,你是小明吧”。



だけど、と不審《ふしん》そうに言った子供に、彼は屈《かが》みこんだ。

 

对孩子说了一句不清不楚的话,他蹲了下来。


「頑丘《がんきゅう》だ。覚えていないか? ずいぶん遊んでやったろう」


”我是顽丘啊。你不记得了吗?以前一直和你玩啊?“


「頑丘おじさん?」


”顽丘叔叔“。


「そうだ。思い出したか?」


"正是。你终于想起来了"


「ずいぶんいっぱい久しぶりだねえ」


“真的是过了太长时间了”。


 少年はくしゃりと笑った。頑丘はその子供の額《ひたい》を親しみを込めてつつく。


少年终于笑了。顽丘用抚摸小孩的额头。


前に見たのは二年前だったか、当時で十歳、父親の家業を手伝ってあちこちの雑用をしていたが、まだ客の相手はしていなかった。


上次见到他还是两年前,当时小明才10岁,虽然帮着父亲打点家业,也只不过是干点杂事而已,还没法接待客人。


「ようやく門番に出世したか?」


”已经出息到能当守门人了“。


揶揄《やゆ》って頑丘は子供に手綱《たづや》を渡す。


顽丘一边揶揄,一边把缰绳递给小孩。

「じゃあ、門番殿にこいつをお任せしよう。──大切にな。絶対に他人を近寄らせるんじゃないぞ」

“呐,现在我把这个交给门神,——非常重要。绝对不允许其他人靠近”。


「分かってるって」


“知道了”。

 やんちゃそうに笑って、子供は頑丘から手綱を受け取った。ほんの少しおっかなびっくりの様子で強面《こわもて》の騎獣《きじゅう》を見上げる。

调皮的对顽丘笑了笑,便从顽丘的手中拿过缰绳。有些畏惧的抬头看了看可怕的骑兽。



「前にもこんな騎獣だったっけ?」


“上次是这只骑兽吗?”。


「前のは死んだ。妖魔《ようま》にやられたんだ」


“上次的那只死了。被妖魔杀死了”。


 子供は頑丘《がんきゅう》を振り仰いだ。



 孩子抬头看看顽丘。

「襲われたの? おじさんはだいじょうぶ?」


“ 是被袭击的吗?叔叔你没受伤吧?”。

「ご覧の通り、なんとかな。──乾《けん》はどうだ。妖魔は出ないか」


“正如你看到的。马马虎虎,乾县怎么样?没出妖魔吧”。

「出るよ、たまにね」


“有啊,出现了几次”。

最后编辑于:2015-07-20 10:02

本帖来源社刊

分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团