敬語力診断テスト(上級編)

发表于:2015-07-20 15:33 [只看楼主] [划词开启]

【第1問】「させていただく」の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1. 部長からご指示がありましたので、私がご説明させていただきます。

2. 今日は貴重なお話を伺い、感動させていただきました。

3. 突然で申し訳ないのですが、これから訪問させていただいてもよろしいですか?。

【第2問】後輩にお客様の案内を頼む場面です。最も適切なのはどれでしょう?

1. ご案内して差し上げてください。

2. ご案内してください。

3. 案内してください。

【第3問】不適切な日本語だと指摘されるおそれがあるのはどれでしょう?

1. 恐れ入りますが、お名前を頂戴できますか?

2. 恐れ入りますが、お名前をお聞かせいただけますか?

3. 恐れ入りますが、お名前を伺ってもよろしいですか?

【第4問】敬語の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1. お分かりになりにくいと存じますので、お迎えにあがります。

2. お食べにくいと存じますので、カットしてまいります。

3. 大変お求めになりやすい価格となっております。

【第5問】言葉の使い方が不適切なのはどれでしょう?

1. あちらが弊社の社長の小林です。

2. あれが弊社の課長の西川です。

3. あちらが取引先の渡辺さんです。

【第6問】取引先A の人から、取引先B の鈴木さんへの伝言を頼まれました。敬語の使い方が不適切 なのはどれでしょう?

1. 鈴木様に確かにお伝えします。

2. 鈴木様に確かにお伝えいたします。

3. 鈴木様に確かに申し伝えておきます。

【第7問】取引先の山田社長に対する発言として、不適切なのはどれでしょう?

1. あなたにお目にかかれて光栄です。

2. 山田様にお目にかかれて光栄です。

3. 社長にお目にかかれて光栄です。

【第8問】敬語の使い方が、最も適切なのはどれでしょう?

1. 娘さんはどんなお仕事をしていますか?

2. お嬢様はどのようなお仕事をなさっていますか?

3. お嬢様はどんなお仕事をされていますか?

【第9問】不適切な敬語だと指摘されるおそれがあるのはどちらでしょう?

1. ご注文の品は全てお揃いでしょうか?

2. ご注文の品は全て揃っておりますでしょうか?

【第10問】お客様に対して使わない方がいい表現はどれでしょう?

1. メインは、肉と魚のどちらかをお選びいただきます。

2. メインは、肉と魚のどちらかをお選びいただけます。

3. メインは、肉と魚のどちらかをお選びいただけますでしょうか?

回答

【第1問】  正解は2

  ・「させていただく」は、目上の相手に対して何かを「させてもらう」ことを言う謙譲語。相手にすでに許可をもらっている場合でも、使ったほうがやわらかい印象になります。

  ・「感動する」などの自発的な心の動きについて、「させていただく」を使って「感動させていただきました」などというのはおかしな表現とされています。

【第2問】  正解は2

  ・「ご案内してさしあげる」「お読みになっていらっしゃる」「お読みになってくださる」「お読みになっていただく」などは、一見、過剰な敬語のように見えるけど正しい敬語。よりていねいな敬語表現をしたいときに便利です。ただ、「ください」というお願いの形にすると、くどくなりがちなので注意が必要です。

【第3問】  正解は1

  ・「お名前をちょうだい」は不適切な日本語です。目上の人に名前を聞かせてもらうときは、「お名前をお聞かせいただけますか?」「お名前をおうかがいできますか?」などと言いましょう。

  ・自分の会社のことは、謙譲語で「弊社(へいしゃ)」「小社(しょうしゃ)」といいます。

  ・「どなた」は「誰」の尊敬語。「弊社のどなたにご用でしょうか?」などと、自分の身内の人について使ったりしないようにしましょう。 

【第4問】  正解は2

  ・「お分かりにくい」「お分かりやすい」「お求めやすい」「お食べにくい」などは、日本語として不適節だとされている言葉です。動詞と「やすい」「にくい」が合わさってできた言葉を尊敬語にするには、いちど「やすい」「にくい」を切り離して、動詞の部分だけを尊敬語にします。

例)「分かりにくい」→「分かる」+「にくい」

       ↓(尊敬語に変換)

  「お分かりになる」+「にくい」→「お分かりになりにくい」

【第5問】  正解は1

  ・目上の人に「座ってください」とお願いする場合は「おかけになってください」「おかけください」と言うのが適切です。

  ・「これ」「それ」「あれ」「どれ」のていねいな言い方は「こちら」「そちら」「あちら」「どちら」です。ただし、身内の者を指すときに使うのは適切ではありません。

【第6問】  正解は3

  ・目上の人→(あなた)→目上の人:「お伝えします」

例)「佐藤様のおっしゃったことは、鈴木様にお伝えします」

  ・目上の人→(あなた)→伝言を頼んだ人より下の人:「申し伝えます」

例)「佐藤様からご連絡がありましたことを、石橋に申し伝えます」

  ・伝言先の人より下の人→(あなた)→目上の人:「お伝えします」

例)「課長からお電話があったことを、部長にお伝えします」 

【第7問】  正解は1

  ・自分のことを「僕」というのはあらたまった場面にはふさわしくありません。「私(わたし・わたくし)」と言うように心がけましょう。

  ・「あなた」は、現在は自分と同列以下の人を呼ぶときに使う言葉とされています。上司や先輩、取引先の人など目上の人を「あなた」と呼ばないように注意しましょう。

【第8問】  正解は2

  ・目上の人の身内の人のことは、その人がたとえ年下でも、尊敬語を使って言いましょう。

例1)ご子息は、今年で3歳におなりになるそうですね。

例2)御社に新卒で入社された竹田さんは、非凡な才能をお持ちだそうですね。 

【第9問】  正解は1

  ・「ご注文の品は全ておそろいでしょうか?」は、「品」について尊敬語を使っていることになり、敬語づかいが不適説だと指摘されるおそれがあります。

【第10問】  正解は1

  ・「~していただきます」という表現は、目上の人に何かをしてもらうことをあらわす謙譲語「していただく」を使ってはいますが、強制的な感じがして相手が気を悪くする可能性があります。「していただけます」というふうに、相手に選ぶ自由があるという印象をあたえる表現のほうが好まれます。う。 

  ・さらに、「していただけますでしょうか?」と相手にお願いをする形にすれば、コミュニケーションがもっとスムーズになります。 


最后编辑于:2015-07-20 15:33
分类: 课外话题

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团