2015.07.21【日译中】涼宮ハルヒの憂鬱 第二章33

qianchang80 (MisakaChio) 译译生辉
6 0 0
发表于:2015-07-21 01:00 [只看楼主] [划词开启]

 ……と、もっともらしく説いてやりたいのだが多分五行くらい話したあたりで鉄拳《てっけん》が飛んでくるような予感がしたのでやめておいた。

  虽然那是我最想跟她说清楚的事情。但是如果说了五行之类的事情的话,我预感她的铁拳会飞过来,所以还是免了。

 

「みくるちゃんは今日は休み?」

「もう二度と来ないかもな。可哀想に、トラウマにならなければいいのだが」

  “实玖榴亲今天没来学校?”

  “说不准以后都不会来了。可怜的娃,希望没给她留下什么心理阴影就好。“

 

「せっかく新しい衣装を用意したのに」

「自分で着ろよ」

「もちろんあたしも着るわよ。でも、みくるちゃんがいないとつまんない」

  “难得我还准备了新衣服的。”

  “你自己穿啊。”

  “我当然也会穿啊。但是实玖榴亲不在的话好无聊啊。”

 

 長門有希は例によって希薄《きはく》な存在感とともにテーブルと一体化していた。

  长门有希惯例似的带着她那稀薄的存在感和桌子合为一体了。

 

別に朝比奈さんにこだわらず長門を着せ替え人形にすればいいのに。ってのもあまりよくないが、それでも泣き虫の朝比奈さんと違って長門は言われたとおりに淡々とバニーガールの衣装を身につけるような気がするし、それはそれで見てみたいような気もする。

又不是非让朝比奈学姐穿不可,把长门当成试衣娃娃不就行了。不过那好像也不太好的样子。虽然如此,长门还是跟那个爱哭鬼朝比奈学姐不同,我倒是觉得她肯定会淡然地按照春日说的乖乖把兔女郎衣服穿到身上。我想看看这光景。

 

 待望の転校生がやって来た。

 朝のホームルーム前のわずかな時間に俺はそれをハルヒから聞かされた。

  翘首以盼的转校生终于来了。

  在早上的课间休息之前的一丁点时间里,我从春日那里听到了这个消息。

 

「すごいと思わない? 本当に来たわよ!」

  “你不觉得很神奇吗?真来了诶!”

 

 欲しがっていたオモヤチャを念願かなって買ってもらえた幼稚園児《ようちえんじ》のような飛びっきりの笑顔でハルヒは机から身を乗り出していた。

  春日的表情像是实现了愿望,让别人给自己买了渴望已久的洋娃娃的幼儿园小朋友一样,阳光灿烂般的笑脸,从桌子之间抽身而出。

 

 いったいどこで聞きつけてきたのか知らないが、その転校生は今日から一年九組に転入するのだと言う。

  我不知道春日从哪儿听来的消息,说是那个转校生的班级是1年级9班。

 

「またとないチャンスね。同じクラスじゃないのは残念だけど謎の転校生よ。間違いない」

  “这可是绝无仅有的机会啊!虽然不在同一个班级有点可惜,但是他绝对是谜之转校生!”

 

 会ってもいないのにどうして謎だと解る。

  明明都还没有见过面,她怎么知道那位是谜之转校生。

 

「前にも言ったじゃないの。こんな中途半端《ちゅうとはんぱ》な時期に転校してくる生徒は、もう高確率で謎の転校生なのよ!」

  “我之前也跟你说过吧!在这种青黄不接的时候转校来的学生,很有可能就是谜之转校生啦!“

 

 


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团