2015.07.21【日译中】日本传说366日・8月の日本昔話——21日:お月さまが見ているよ

发表于:2015-07-21 12:58 [只看楼主] [划词开启]

 むかしむかし、あるところに、お父さんと男の子が二人で暮らしていました。

很久很久以前,有一个地方,爸爸和儿子两人相依为命。
  お母さんが亡くなったので、お父さんは一人で男の子を育てているのです。

因为母亲去世了,父亲独自一人抚养着儿子。
  お父さんは男の子をとても可愛がり、山へ仕事に行く時も、町へ出かける時も、いつも男の子を連れて行きました。
父亲非常疼爱儿子,无论是去山上工作,还是去镇上办事,总是带上儿子一起去。
 さて、ある月夜の晩の事です。

在一个有月亮的夜晚
  町へお使いに行っての帰り道、お父さんがふと横の畑を見ると、おいしそうなカボチャが顔を出していました。

在镇上办完事情的回程中,父亲突然看见路边的田野里,露出了一只诱人的南瓜。
  お父さんはそのカボチャが食べたくなり、男の子に言いました。

父亲很想吃那只南瓜,于是向儿子说:
 「おい、誰か見ている者がいたら、すぐに知らせろよ。お父さんが、今からカボチャを取ってきてやるからな」

“哎,如果有人看见的话,你马上告诉我。爸爸现在去帮你摘南瓜”
 「うん。わかった」

“嗯,知道了”
  男の子が返事をすると、お父さんは畑の中に入って行きました。

儿子回答以后,父亲走进了田里。
  するとそのとたん、男の子が言いました。

但在那一刻,儿子突然说:
 「だめ! お父さん、見ているよ」

“不行,爸爸,有人看着呢”
 「えっ!」

“啊?”
  お父さんはびっくりして、畑の中にしゃがみ込みました。

爸爸吃了一惊,赶紧弯腰蹲进田里。
  でも周りには、人のいる様子がありません。

但是周围并没有人。
  お父さんは畑から立ちあがって、男の子に言いました。

父亲从田里站了起来,冲儿子说
 「何を言っているんだ? 誰も、見ていないじゃないか」

”你在说什么呀?不是没人看见吗?“
  すると男の子が、空を指差して言いました。

于是儿子用手指着天空说:
 「ほら、お月さまが見ているよ」

”瞧,月亮婆婆看着呢“
  お父さんが空を見上げると、大きな満月が二人を照らしています。

父亲仰头看天,有一轮满月正亮堂堂地照在二人身上。
 「そうか、なるほど。確かに、お月さまが見ているよな。・・・ありがとよ、お月さま」

”是啊,对啊。月亮婆婆是在看着我们呢。......谢谢你,月亮婆婆“
  お父さんはカボチャを盗むのをやめると、男の子と手をつないで帰りました。

父亲放弃了偷南瓜的打算,和儿子手牵手回家了。

最后编辑于:2015-07-21 14:33

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团