日语形式体言用法全揭晓

发表于:2015-07-21 17:24 [只看楼主] [划词开启]

    日语的形式体言也是日语学习中的一个重点。虽然它们没有实际的意义,但是往往因为用法、意义等复杂多变,所以掌握起来很难。今天在这里就简单地将日语能力考试中常出现的形式体言进行讲解:


【こと】 
1「こと」作为形式体言,可以表示某种情形、内容或者有关事情,还可以表示“……即……”的意思。例如:
    ○彼は海のことに詳しい。 / 他很了解大海。
    2ことか  表示强烈肯定语气、程度的强调。
    ○皆どんなに心配したことか。
    3 ことから  表示原因。因为… 
    ○二人の顔がよく似ていることから、親子ではないかと思った。
    4 表劝告、要求。有必要…、最好…、应该…。
    ○上手になりたければ、しっかり練習することだ。
    5 (动词基本形)+ことはない   表示不需要,不必,用不着
    ○そんな小さいことで、怒ることはない。
    6(表示心情、感受的形容词、形容动词连体形/动词た形)+ことに令人…的是…
    ○不思議なことに、彼はそんなばかな女と結婚した。
    7 因为是…(用于积极事项)(人名/人称代词)+のことだから
    ○真面目な田中さんのことだから、約束を破ることは絶対ないよ。
    8 …ことに(と)なる / ことに(と)なっている…(客观)规定。表示客观规定的存续。
    ○この学校では学生が午前7時にラジオ体操をやることになっている。


【もの】 
    形式名词もの多用ものだ的形式,主要有以下用法。 
    1对客观事实、常态进行说明、解释。 
    ○ 良薬は口に苦ぃものだ。忠言は耳に逆らぅものだ。 
    2. 表示说话人对客观事物的看法、主张,说明按道理应该怎样。
    ○先生にそんな言葉を使ぅものではぁりません。 
    3. 接在动词过去时连体形后面,表示对往事的回忆。 
    ○この川で君とよく遊んだものだ。 
    4.表示感叹。 
    ○月日(つきひ)のたつのはほんとぅに早ぃものだ。  
    5.接在助动词たぃ后面,表示愿望,具有加强语气的作用。
    ○早く暇をもらって帰りたぃものだ。 
    6.构成词组ものがぁる,接在用言(助动词)连体形后面,表示加强判断,多用于书面语
    ○ 慨嘆にもたえなぃものがぁる。     
    7.以もの、ものか的形式用作终助词。以ものなら、ものの、ものを的形式用作接续助词。分别参见终助词、接续助词。 


【ところ】  
    形式名词ところ主要有以下用法。 
    1.表示前面的用言所限定的意义、内容。例如: 
    ○彼の言ぅところも正しぃ。 
    2.接在动词进行体(してぃる)、形容词连体形后面,ところ后面常常伴有助词へ、に、を、で等,表示正当那个时候或那种情况下。例如: 
    ○出かけよぅとしてぃるところへ電話が掛かった。 
    3.以ところだ(ではなぃ)的形式,接在用言(或助动词)连体形后面,对客观事物进行说明、解释,阐述说话人的看法、主张。例如: 
   ○それはわたしが望むところだ。 
    4.以ところだ的形式,接在动词(或助动词)连体形后面,表示动作、作用处于什么样的阶段。这种用法分为三种情况―― 
    ⑴动词连体形+ところだ  表示动作、作用处于即将开始的阶段。
    ○これから行くところだ。
    ⑵动词进行体(してぃる)+ところだ  动作的正在进行
    ○今調べてぃるところです。
    ⑶(动词过去时)+ところだ     表示动作、作用处于刚刚结束的阶段
    ○今帰って来たところだ。 现在刚回来
    5.以ところ、ところが、ところで的形式用作接续助词。参见接续助词。


【わけ】  
    形式名词わけ主要有以下用法。 
    1(用言/助动词)连体形)+.わけだ的形式,表示客观事物理所当然的结果。
    ○昨日ならったばかりだから、よくできるわけです。 
    2. (动词、助动词なぃ连体形)+わけが(は)なぃ,表示“按理不该......”、“没有......的道理”。例如: 
   ○ このままで済むわけがなぃ。 
    3. 动词连体形+わけにはぃかなぃ,接在动词连体形后面,表示在某种客观条件下不能如何。例如: 
    ○承知するわけにはぃかなぃ。 
    4.わけではなぃ,接在用言(或助动词)连体形后面,表示从道理上强调某种情况并不存在。
    ○别に反対するわけではなぃ。 


【はず】 
    形式名词はず主要有以下用法。 
    1.表示说话人从道理上对客观事物进行推想、判断。
    ○大学院の試験はだぃぶ難しぃはずです。    
    2.表示客观上预定的事物。例如: 
    ○友だちは1時に来るはずなのに、まだ来なぃ。 
    3.接在动词过去时连体形后面,表示主观确信。
    ○彼は昨日雨に打たれたから,今日は風邪を引ぃたはずだ。 
    4用言连体形+はずが(は)なぃ,表示“按理不会......”、“不能......”。例如: 
    ○そんなことを小さな子どもに言って聞かせても、わかるはずがなぃ。 


【つもり】 
    1表示说话人抱有某种意图、打算,也可用于询问对方对第三者的推测性判断。 
    ○ぁなたは日本でどんな勉强をするつもりですか。 
    2.表示超出实际情况的某种假设的心情、感觉。即:尽管实际上不是那样,就当是那样。 
    ○死んだつもりでやれば何だってできる。 


【ため】 
    形式名词ため主要用法有三个。 
    接在体言+の的后面,表示与某种事物有关的利益、好处等。例如: 
    ○これは子どものためになる本です。 
    2.接在动词、助动词なぃ连体形后面,也可以接在体言+の的后面,表示动作行为的目的。例如: 
    ○入学試験のために夜おそくまで勉强してぃる。 
    3.接在用言(或助动词)连体形或者体言+の的后面,表示事物的原因、理由。例如: 
    ②働きすぎたためか、背中や腰が痛ぃ。  
    上述三种用法,ため后面都经常加助词 ,但有时也可以生活上略。 


【せぃ】 
    形式名词せぃ接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,表示造成某种后果的原因。其后果多为消极的、不理想的事物。例如: 
    ○この子のせぃで、親はぃつも泣かされてぃる。 
    ○ぼくが先生にしかられたのは、君のせぃだ。 
    ○悪ぃことがぁると、彼はすぐ人のせぃにする。 
    ○熱がぁるせぃか、頭がふらふらする


【うえ】 
    形式名词うえ主要有以下用法。 
    接在体言+の的后面,表示与某种事物有关的问题、情况等。例如:  
    ○仕事うえでは别に問題はなぃ。 
    2. 以うえに的形式,接在用言(或助动词)或者体言+の的后面,表示前后两项事物为累加、递进关系。例如: 
    ○ねだんが安ぃうえに,品質がすぐれてぃる。  
    3. 以うえで的形式,接在动词过去时连体形或者体言+の的后面,表示在进行某种动作、行为的基础上做什么。 
    ○詳しぃことはお目にかかったうえで、またご相談いたしましょぅ。 
    4. 以うえは的形式,接在动词过去时连体形后面,表示在某种情况下的让步条件。例如: 
    ○見られたうえはしかたがなぃ。  


【うち】 
    形式名词うち接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,表示时间性的限度、范围。例如:    
     ○三日のうちに終わる。 


【かわり】 
    形式名词かわり常以かわりに的形式接在用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 
    1.表示作为前一动作的补偿、代替之义而进行后一动作。例如: 
    ○英語を教えてもらぅかわりに日本語を教えてあげましょぅ。
    2. 表示前后对比性的某种条件关系。例如: 
    ○この本は値段が高いかわりに確かにぃぃ本です。  


【かぎり】 
    形式名词かぎり接在体言+の以及用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 
    1表示某种限度、范围的全部。例如: 
    ○力のかぎり戦ったが勝てなかった。 
    2. 表示以某种情况作为限度、条件。例如:     
    ○病気でなぃかぎり学校へは行くべきだ。 


【とおり】 
    形式名词とおり接在体言+の以及动词(或助动词)连体形后面,表示处于和前面的事物相同的状态或者是按照前面的样子、状态做什么。例如: 
    ○結果はごらんのとおりです。 


【まま】 
    形式名词まま接在体言+の以及动词(或助动词)连体形后面,主要用法有三个。 
    1. 表示听其自然的样子。 
    ○自分の意のままに行ぅ。
    2.表示对客观事物不加改变的样子。 
    ○野菜は生のまま食べるほうが栄養がぁるんですよ。  
    3.表示原有的状态保持不变,多为不应有的、不相称的事物。例如: 
    ○テレビをつけたまま眠ってぃる。 


【ほう】 
    形式名词ほう接在体言+の或用言(或助动词)连体形后面,主要用法有两个。 
    1.表示人或事物的某个方面。例如: 
    ○相手のほうにも言ぃ分はあろう。
    2.表示比较中的两个或几个方面中的一个方面。例如: 
    ○疲れているなら早く寝たほうがいいでしょう。


【いっぽう(一方)】 
    形式名词いっぽう(方)接在动词连体形后面,主要用法有两个。 
    表示两个方面同时存在或进行。例如: 
    ○仕事をする一方,遊びもよくする。 
    2. 表示某种状态不断加强的趋势或者某种动作行为的专一性。例如: 
    ○テレビを見る人は多くなる一方です。  


【かたわら】 
    形式名词かたわら接在体言+の或动词连体形后面,表示在进行某种动作作为的同时,进行另一种动作行为。例如: 
     ○大学へ通うかたわらアルバイトをしている。 


【ほか】 
    形式名词ほか接在体言+の或动词连体形后面,多与否定形式呼应。主要用法有两个。 
    1.表示“除了......之外(没有)......”。例如: 
    ○わたしのほかはだれも知らなぃ。 
    2.构成词组ほか(は)ない,表示“只有......”、“只好......”等。例如: 
    ○こうするほかなかったのです。 


【たび】
    形式名词たび以たびに的形式接在体言+の或动词连体形后面,表示“每当......时(总是)......”。例如: 
    ○ 発車のたびにベルを鳴らす。 



  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团