☀初声早早读☀<566>桜兰高校ホスト部(26最终话——これが俺たちの桜蘭祭) ♪ R

北枝的莴苣 (R)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
地狱大巫师
146 16 5
发表于:2015-07-25 23:12 [只看楼主] [划词开启]

一緒に勉強しましょう!

2015.07.26(日曜日)   朝6:30——8:00



【片段一】

鏡夜の父:若い頃は時間がいくらでもあるように錯覚するが、実際はそうじゃない、価値のないことで時間を無駄にするんじゃない。

ハルヒ:このホスト部は鏡夜先輩は皆を楽しませるために一生懸命やっています。皆を楽しませることによって自分たちも豊かな気持ちになります。皆を楽しませることはそんなに価値のないことなんですか。自分は鏡夜先輩は立派だと思います。


【片段二】

エクレール:環はこないわよ、もうホスト部には顔を出すなって私が命じたの。あなた、環の恋人

ハルヒ:違います。

エクレール:そう、よかった。あなたは関係ない人なんだ。

ハルヒ:恋人じゃありませんが、関係ない人なんかじゃありません。


【片段三】

鏡夜の父:心配をおかけしましたがね。グラントネール社はうちの会社から手を引きましたよ。思わぬ助っ人が現れて、トネール社よりも先に買収(ばいしゅう)し、そして経営権を全て私に譲ると言ってきた。

環の父:それはまた豪気(ごうき)な、どこのファンドマネージャーです

鏡夜の父:K.Oという学生投資家です。巧妙に名前を伏(ふ)せていましたが、ようやく正体が分かりました。K.O……鏡夜鳳。何のことはない、うちの息子ですよ。

環の父:末恐(すえおそ)ろしいとはこのことだ。鏡夜くんが優秀なのは知ってるつもりだったが

鏡夜の父:いや、本当にすごいのはお宅の息子さんだ。鏡夜を教育してきたのはこのわたしだ。あいつが兄たちより優秀なのは知っていた。だが、私の知っている鏡夜なら乗っ取るようなことはしても、それをそっくり返すようなことはしませんよ。私は鏡夜に鳳家の経営する会社の跡継ぎという餌をずっとちらつかせて育ててきた。しかし、あいつは……それを実力で奪い取った上でいらないと言って、私の鼻先に突き返してきたんです。それがどういうことか分かりますか。あいつは見つけたんですよ。それ以上に価値のあるものを……恐らくは環君のおかげで……

環の父:あんたとは何かと競合(きょうごう)してきたが、これからは仲良くやれそうかな。

鏡夜の父:そう、仲良くやりたいんです。息子たちのようにね。あ、そうそう、一つだけ確認しておきたかった。特待生の娘さん、藤岡ハルヒといったかな、あの子は将来、鏡夜の嫁にと考えている。それだけは覚えておいてください。

環の父:やはりあんたとは仲良くできないな。他のことはともかく、それだけは絶対譲れないですよ。



【片段四】

环:この私立桜蘭学院は一に家柄、二にお金、財ある者は暇を持つ。かくして桜蘭ホスト部とは暇をもて余す美少年達が同じく暇な女生徒達を持て成し,潤わす。スーパー金持ち学校独自の華麗なる遊戯なのである。  



最后编辑于:2016-05-01 21:49

本帖来源社刊

分类: 朗读

标签: 早读时光

全部回复 (16) 回复 反向排序

  • 5

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

  • 早读时光
  • 夜猫之声
  • 你读我评
  • 朗读课堂
保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团