2015.07.27【日译中】水車館の殺人-第九章 -005

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
6 1 0
发表于:2015-07-27 10:51 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人- 綾辻行人

章 現在 (一九八六年     九月二十八日)

 

<北回廊> - (午後五時五十分)

005

島田潔が出ていくと、私は居間の北側に隣接して設けられた洗面所に入った。

専用の低い洗面台の前で、白いゴムの仮面と布手袋を外す。そうして、汗でべとついた顔を冷水で洗った。

洗面台の前に鏡は取り付けられていない。だから私は、久しくこの目で自分の素顔を見ていない。ただ、こうして顔を洗うとき指に伝わる肌の感触から、それを――その呪わしい姿形を想像するだけだった。

岛田洁刚出去,我就进了与起居室北面相连的洗漱间。

我在低矮的专用洗漱台前,取下白色的橡胶面具和布手套。然后用冷水清洗了因汗水而变得粘乎乎的脸。

洗漱台前并没有安装镜子。所以我已经很久没有亲眼见过自己的脸了。只有像这样洗脸的时候,才会从手指传来的肌肤的触感联想到它——那个被诅咒的容颜。

 

一人で部屋にいると否応なく、要らぬ物思いに囚われた。そこで陥ってしまう堂々巡りから逃れたくて、やがて私は居間を出た。

乗り慣れた車椅子を操り、嵐の狂騒に包み込まれた薄暗い廊下を行く。雨と風の音に交じって響き込んでくる単調な、しかし普段よりもずっと速い水車の回転音が、何やらこの館の懐深くで打つ心臓の鼓動めいて聞こえる。

一个人在房间里的时候,不管是否愿意都会被不必要的思虑囚禁。因为想要从深陷的这个圈子中逃离,不一会儿我就离开了起居室。

驱使着已经坐惯了的轮椅,前往被狂躁的风暴包围的微暗的走廊。单调却比平时更快速旋转的水车的声音,与风雨声交叠响起,听起来就像击打公馆深处的某种心脏跳动的声音。

 

<塔>のほうへ向かった。

食堂を覗くと、倉本が独り黙々と食卓の準備をしていた。野沢朋子は厨房のほうらしい。

私の姿を認めると、倉本は即座に姿勢を正して一礼した。私は食堂には入らず、外の廊下を<北回廊>に向かった。

我前往塔的方向。

悄悄看了眼餐厅,仓本独自一人在餐桌前沉默地做着晚餐的准备工作。而野泽朋子似乎在厨房。

仓本发现了我,他立刻端正姿势行了一礼。我没有进入餐厅,而是从外面的走廊直接去了北回廊。

 

前方右手に、階段室の黒いドアが見えてくる。そう云えば今朝、野沢朋子が気懸かりなことを云っていた。確かそう、「何だかときどき、変な臭いがして……」というふうに。

気のせいだろう、とあのとき私は応えた。しかし……。

(……野沢朋子)

(彼女が脅迫者だということは、ありうるだろうか)

もちろん彼女にも機会はあったはずだ。けれどもあの陰気な、見るからに臆病そうな女に、こんな大それた真似ができるものだろうか。

前面的右手边已经渐渐地可以看见楼梯间那扇黑色的门了。这样说来,今天早上野泽朋子说了让人在意的话。我记得是说的“好像偶尔会闻到奇怪的味道……”这样的话。

我当时只对她说是多心了。但是……

(……野泽朋子)

(她不可能是发恐吓信的人吧)

当然,她也是有机会的。但是那个阴郁的,一看就知道很胆小的女人,做得出这么胆大包天的事么。

 

それはあるまい、と思う。

だいいち彼女が、いったい何を根拠に、この私に向かって「出ていけ」などという言葉を投げつけられる?

では――。

(倉本はどうだろうか)

(彼がこの文書の主だとしたら……)

車椅子を止め、廊下の窓から中庭を見た。仄白く光る庭園灯、激しく池に突き立つ雨……その向こうで、<別館>の窓の明りがいくつも滲んでいる。

我觉得这不可能。

最重要的是,她到底有什么理由要向我丢出“滚出去”这样的话?

但是……。

(仓本的话又怎么样呢)

(如果他是发出这封信的人……)

我停下来,从走廊的窗户望向庭院。发出灰白光线的庭院路灯、向水池倾泻而去的雨……在这些景象的对面,“别馆”的几处窗户正透着灯光。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团