2015.07.27【日译中】时钟机关之星第三卷 间奏(二十)

发表于:2015-07-27 23:58 [只看楼主] [划词开启]

と告げながら、掴んだ生首を。

マリーは無造作にI赤熱した床へと放り投げた。

玛丽边说着边将拿起的头颅随意地扔到了炽热的地板上。

 


「テメエ、この腐れ売女ッ!危うく脳が煮えるとこだったぞ!?その股ぐらみてえに頭までユルいのかッ!?」

“你这个臭婊子!差点把我的脑子都烫熟了!你脑袋也跟胯下一样松了吗!?”


完全に静止した秋葉原を走り抜ける中、突然ベルモットの首が叫ぶ。

正在完全静止的秋叶原穿行时,贝尔摩德的头突然叫起来。


「あら、生きてたのね。てっきり脱磁失敗したかと思ったわ」

“啊呀,原来还活着。我还以为一定脱磁失败了呢。”


吼える生首に、マリーが冷徹に告げた。その間も足は止めずに走り続けている。

玛丽冷静而透彻地对吼叫着的头颅说道,同时脚下也没有停步继续走着。


横を見ればリューズを抱えたアンクルが、やや遅れてナオトが荒い息で続いていた。 先頭を走るマリーは、小脇にベルモットとハルターの生首を抱えている。

他向旁边看过去,是抱着琉珠的安可儿,稍稍落后的直人喘着气跟在后面。走在最前面的玛丽将贝尔摩德和哈塔的头夹在腋下。

 

ベルモットが怪訝そうに言った。

贝尔摩德诧异地说:


「何だぁ……?どういう状況だこりゃ?いつの間に旦那まで生首仲間になったんだ。 おい幽霊お嬢、黙ってねぇで説明——ってテメエ何しやがるッ!?」

“什么……?什么状况?怎么连哈塔先生也只剩下一个头了。喂,幽灵小妞你别不说话,倒是解释一下啊——你想要做什么!?”


マリーが右手に抱えたベルモットを走り抜けざま街灯に叩き付けて黙らせる。

玛丽把抱在右手的贝尔摩德对着经过的路灯直撞过去,让他闭上嘴。


ハルターの義体は重すぎ、修理できる余地もなく大破していたため、マリーが頭部だけを外したのだ。その時のマリーの表情を見ていないベルモットには気の毒だが——

哈塔的义体太重了,而且已经破得无法修理,所以玛丽将他的头部卸了下来。想到没看到当时玛丽的表情,贝尔摩德就觉得有点可惜。


追いついたナオトが気まずそうに言った。

追上来的直人有些尴尬地说道:


「……あーオッサンもタイミングが悪かったね……つか、マジで無事だったのか」

“……啊,大叔你醒来得不是时候呢……话说,你真的没事了吗?”


「あ?ああ、このド腐れお嬢と一緒にいた坊主か。ハ——何を以て無事とするのかね。 とりあえず脳殼保護用の酸素計測メーターはイカレたから三秒後には死んでるかもしれんな。右眼は潰れたか。色もよくわからん。会話ができるのは奇跡だろうよ。これを無事ってんならゾンビは五体満足の健康体と呼ぶべきじやないか?」

“啊?哦哦,是和这臭小妞在一起的小子吗。哈——你凭什么说我没事啊。首先因为保护脑壳的氧气测量计已经破破烂烂,三秒后就死了也不奇怪。右眼大概坏掉了,颜色也不太能分辨得出。能说话还真是奇迹。这都叫没事的话,那僵尸是不是也应该称作是四肢健全的健康人?”


——口振りに反して、何とも元気な首である。

——能如此振振有词的反驳,还真是有精神的头颅。


鍛えているマリーでも両腕に生首を抱えての全力疾走はきつい運動だ。頭部だけでも、 ボゥリングの球程度の重みがある。

玛丽虽然锻炼过,但是两只手各抱着一个头颅全力疾行也是辛苦的运动。虽然只是头部,但是也有保龄球那样重。


右手の首だけ投げ捨てたい欲求に駆られながら、マリーは眼を眇めた。

有想将右手的头颅扔掉的冲动,玛丽双眼眯了起来。


朝日に照らされた秋葉原の街並みに動くものの姿はない。だが灼けた歯車機械から出火したのか、街のそこかしこで火の手が上がっていた。そして何より、先ほどからマリーの耳にも聞こえるほどはっきりと、地下から隐るような音が響いている。

朝阳照着的秋叶原街道上没有动着的东西。不知是否因为灼热的齿轮机械的燃烧,街上各处都冒出火焰。而更让人在意的是,从刚才开始,玛丽的耳朵也能很清楚地听到从地下隐隐传来某种声音。


——それはきっと、この都市の壊れゆく音だ。

——这一定是都市在逐渐毁坏的声音。


「ところで坊主、俺のハンサムフェイスどうなったよ?」

“话说回来,小子,我英俊的脸怎么样了?”


「超古いロボット映画にさ、溶鉱炉にサムズアップで沈んでく奴いたの知ってる?」

“超古老的机器人动画中,有个竖起大拇指沉入炼钢炉的家伙你知道吧?”


「人工皮膚が溶けてんのか!?このアバズレ何して——っておい、さすがに虐待だろ!?」

“人工皮肤溶解了吗!?你这个女流氓对我做了什么——喂,这就是在虐待吧!?”


走り抜けざま、今度はガードレールに首を叩き付けて、マリーは告げた。

这次是把贝尔摩德的头拿去撞刚经过的栏杆,玛丽说道:


「いいこと生首。よく聞きなさい?」

“你这颗头给我差不多点,好好听着。”


首を目線の高さに持ち上げて、睨みつける。

她狠狠地瞪着被举到与视线平齐的头颅。


「あんたをゴミ箱に突っ込むのもトイレにプチ込むのも、全てはわたしの機嫌次第なの。 そして今わたしは死ぬほど機嫌が悪いのよ。八つ当たりで加熱したまま放置して煮殺してやろうかと真剣に悩んだくらいには。——でも宇宙で指折りの理性と天使の優しさを持つわたしはあんたを生かすことにしたわけ。あんたみたいなクソチンピラ風情は泣いて感謝しつつこのわたしに忠誠を誓うべきだと思うの。オーライ?」

“要把你塞进垃圾箱还是扔进厕所,全凭我心情而定。然后啊,我现在的心情就像死一样的糟透了哦。为了排遣心情,正烦恼着是否要把你加热,然后就这样放着直到熟透——不过有着宇宙中屈指可数的理性和天使般温柔的我,还是决定让你活着。你这种垃圾小混混应该感激涕零,然后发誓效忠于我。All right?”


「やってることは鬼畜と悪魔の所業じやねえ?」

“这是恶鬼和恶魔的行径吧?”


ナオトの突っ込みを、マリーは無視した。

玛丽无视直人的吐槽。


魔王でさえ恐怖を覚えそうなほどの優しい声で、続ける。

连魔王也会感到恐惧的温柔声音继续说:


「——わたしの役に立て。さもなくば死ね❤」

“——成为我的助力,否则就去死吧


それがお前の存在意義だ、と断言する副音声に、ベルモットは憮然と呟いた。

“这就是你存在的意义”,听出这决绝的弦外之音,贝尔摩德惊讶地小声说:


「おい、坊主。この牝豚本気でイカれてるだろ」

“喂,小子。这头母猪真是发疯了吧。”


「ゴミ箱が好きなわけね。それともトイレ?」

“看来是喜欢垃圾箱呢。或者是想选厕所?”


「オッサンオッサン。本気でイカれてるかって質問ならイエスだから。悪いこと言わんから大人しくしてた方がいいと思うぜ」

“大叔大叔。你要是在问她是否真的发疯了的话,回答是‘YES’。别怪我说得难听,你老实点会比较好。”


最后编辑于:2015-08-03 13:50
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团