2015.07.28【日译中】アリスメア・第一章2-15

sjbluesky (嘉嘉☪一期一会)
【A+研究所】荣誉会员☆网校制霸
译者无敌
41 3 2
发表于:2015-07-28 11:47 [只看楼主] [划词开启]


Alice mare (アリスメア)
【著】△○□×(みわしいば)
手打搬运 请勿随意转载



「先生?」
 “老师?”

 声を掛けてみるが、反応が無い。片手を先生の目の前でヒラヒラと振ってみても状況は変わらなかった。……また何かを考え込んでしまったようだ。こうなってしまっては、こちらに戻ってくるまでに少し時間が掛かる。
  我叫了他一声,但他却毫无反应。我举起手在他眼前挥了挥,他也依旧一动不动。……他好像又陷入深思。一旦进入这种状态,就要花点时间才能注意到外界的事情。

 先生は一人の時間だけでなく、僕達と会話をしている最中でもこうして急に黙り込んでしまう事がよくある。いつも夜遅くまで調べ物をしているようだが、何を調べているのだろうか。先生はとても優しい人だ。だけど、それ以上に僕は先生の事を何も知らなかった。
  不仅是独自一人的时候,老师在和我们说话时也经常会突然陷入沉默。他好像一直会做研究做到深夜,但谁也不知道他究竟在研究些什么。老师很温柔。但除此之外,我就丝毫不了解他了。

「アレン君はーー世界とは違う、セカイがあると言ったら…信じるかい?」
 “Allen——如果我告诉你,除了这个现实世界之外,还有一个‘世界’存在……你会相信吗?”

「えっ?」
 “诶?”

 先程まで俯いていた先生が、再び僕の目を捉えていた。
  刚才一直都低着头的老师再度对上了我的眼睛。

「……どういう、ことですか?」
 “……你是指什么意思?”

 突拍子もない質問に僕も質問で返していた。セカイって、なんだ?
  听到这没头没脑的问题,我也只能回以疑问。“世界”是指什么呢?

「……いや、ただのおとぎ話さ。ごめんね、急に変な事を言い出して」
 “……没什么,只是个传说罢了。不好意思,突然说出这种奇怪的东西”

 先生は慌てた様子で、早口でそう答えた。
  老师有些慌张地快速回答道。

「でも……扉に誘われたら、その扉は開けないようにね」
 “不过……如果被门引诱的话,千万不要去打开它哦”

 そのまま再度僕の体調をチェックして、部屋から出て行く。
  说完,他又检查了一下我的身体状况,然后就出了房间。

 扉を閉める瞬間に、「もう少し」先生は小さくそう呟いた気がした。
  门关上的那一瞬间,我感觉老师低语了一句“还差一点”。




 次に目が覚めた時には、体調はすっかり良くなっていた。先生がこまめに様子を見に来て看病をしてくれたお陰かもしれない。机に用意されていたチキンスープとサンドウィッチを食べて、その隣に置かれていた風邪薬を飲む。その後、パジャマから私服に着替えた。
部屋の外に出ようとして扉を開けたら、きゃっという小さな悲鳴と共に、体に小さな衝撃を感じる。目の前には一人の少女が尻もちをついて、目を泳がせていた。
  再度睁开眼睛的时候,身体已经完全恢复了。这大概是多亏了老师一直关注着我的病状并悉心照顾我吧。我把桌上准备好的鸡汤喝完,把三明治吃掉,又服下了旁边放着的感冒药。之后,我把睡衣换了下来。正当我打开门想出去的时候,就听到啊的一声小小的悲鸣,同时身体感受到了一股小小的冲击。眼前有一位少女跌坐在地上,眼中泪光流转。

「大丈夫?チェルシー」
 “没事吧?Chelsy”

 そう言って手を差し伸べたら、かあっと頬を赤くする。その後、おそるおそる僕の手を握って、ゆっくり立ち上がった。
  说着我向她伸出了手,结果她猛地红了脸,然后小心翼翼地握住我的手,慢慢地站了起来。

「あっ、ありがとう、えっと、ご、ごめんなさい……」
 “谢、谢谢你。那个,对、对不起……”



◆Chelsy。

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (3)

  • 2

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团