2014.07.04【日译中】万叶恋歌ー桜の章ー_语り:神谷浩史__トラック02 星明りの下での

a139111 (コエイ) 路人甲
236 8 0
发表于:2014-07-04 00:35 [只看楼主] [划词开启]

 

万叶恋歌ー桜の章ー_语り:__

トラック02 星明りの下での出会い 

 

 

 

 

             今天开始进入新的抓马~继续渣渣的抓,抓吧。全都抓完了就over了。神谷浩史的万叶恋歌 樱之章,自己的翻译水平感觉还是弱爆...慢慢来吧。反正只要自己还没死,那就来吧。 

 

    没有可以变的声音了。回归原始属性,大叔的声音。吓死你们~ 

 

神谷浩史原版:

小A 渣读原版:


 

 

「ふぅ~今日も疲れたなぁ~おっ?残業してたらもうこんな時間かぁ。道理で疲れてる訳だ。お~星が見える。綺麗だ~そう言えば、最近忙しくて星を見上げる暇もなかったなぁ~たまにはこんなのも悪くないかぁ~」

唉,今天也好累啊~啊?加班已经加到这个点了啊。难怪会很累啊。啊~能看到星星。好漂亮啊。话说,最近好忙,连抬头看星星的闲暇都没有了,偶尔这样看一下还真是不错啊。

 

(ドン)「あっ、すいません!」

啊,对不起!

 

星明りのせいだろうか、ぶつかってきた人の表情がはっきりと見えた。

或许是星光的缘故吧,能很清楚的看见被撞倒的人的表情。

 

「ちょっと…余所見してて…怪我とかありませんでしたか?」

刚才我稍微的走神了一下,你没有受伤吧?

 

星明りに照らされたその姿に、一瞬で俺は彼女から目を離せなくなった。

被星光所照耀着的她,一瞬间,我的眼神无法从她身上离开。

 

「あぁ…大丈夫ならいいんです!本当に、俺の不注意ですから…」

啊,没事的话那就太好了!真对不起,都是我没注意到。 

 

彼女は謝りながらお辞儀をすると暗闇へと消えて行った…

她一边道歉一边鞠躬,然后消失在了夜色之中。

 

「なんだ…この感じ?もっと話せばよかったと思うなんて…」

什么啊,这种感觉?我还想再多说几句话该多好啊。

 

遠くなる彼女の後姿を見ながら、俺はいつまでもその場所に立ち尽くしていた。

我一直站在原地,一直看着她远去的背影。

 

『玉桙の道行かずあらばねもころのかかる恋には逢はざらましを』

路亦不走,怎能相逢;竟然落此情网中。

 

偶然、道で見かけた貴方に一目惚れをしてしまうが…声をかけそびれてしまった。

对这种偶然间和她的相逢,让我一见钟情,却错过了说话的机会。

 

「フン、何でも万葉集の歌に譬えるのは俺の悪い癖だなぁ~ふぅ、仕方ないだろう~ずっと万葉集の研究をしてきたんだから。」

唔~什么事都跟万叶集的和歌对号入座是我的坏习惯啊。哈,没办法啊,因为我一直研究万叶集的。

 

   神谷浩史的樱之章万叶恋歌正式开翻。也许考完试以后大家都会有时间了吧。。嗯。。好吧。。继续翻译,等待大神们的回归

 【哦,对了我红色标注的都是有点不太懂的地方,大神帮忙讲解一下吧~谢谢啦ヽ(*´∀`)ノ

 

黑历史预览:

万叶恋歌ー椿の章ー小a抓鸡历史

万叶恋歌ー楓の章ー小a抓鸡历史

万叶恋歌ー桜の章ー_语り:神谷浩史__トラック01 貴方へ(mp3开端介绍)

最后编辑于:2014-07-04 00:41
分类: 笔译口译
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团