【转】一些日本文学常识

发表于:2012-05-10 11:04 [只看楼主] [划词开启]


虽然现在不考专八,但是看一下日本的文学常识还是很有必要滴。

(一)古代前期の文学(奈良時代)

  承文学の時代から記載文学の時代へ

  記紀文学:古事記、日本書紀を併せた略称。

  記紀歌謡:古事記、日本書紀に記されてある古代歌謡。

  ①古事記(712):日本現存最古の書籍である。

  ②日本書紀(720):漢文の編年体で書かれた正式の歴史(国史)。

  編者:太安万侶。成立:元明天皇の勅命により編纂。文体:変体の漢文体

  風土記(713):日本の最初の地誌である。

  懐風藻(751):日本最古の漢詩集

  万葉集(759):日本最古の歌集である。成立年代は定かでない。約4500首、二十巻。表記:万葉仮名。柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)は万葉中最高の歌人と見られ、歌聖だと言われている。

  歌経標式(772):日本最初の歌学書。作者:藤原浜成。

  (二)古代後期の文学(平安時代)

  唐風文化から国風文化へ

  古今和歌集(905):略して「古今集」。日本の最初の勅撰和歌集であり、平安時代の代表的な歌集である。

  撰者:紀貫之(きのつらゆき)、紀友則(きのとものり)、壬生忠岑(みぶのただみね)、凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)の四人。

  内容 構成:約1100首、二十巻。

  凌雲集(814):最初の勅撰漢詩集。作者:小野岑守。

  文華秀麗集(818):勅撰漢詩集。作者:藤原冬嗣ら。

  経国集(827):勅撰漢詩集。作者:良岑安世。

  竹取物語:現存する日本最古の物語であり、「物語の祖」と言われている。

  成立:9世紀末――10世紀初め頃、定説が無い。

  伊勢物語:日本最初の歌物語である。

  作者未詳。10世紀初め頃に成立したと言われているが、定説が無い。

  堤中納言物語(つつみちゅうなごんものがたり):日本文学史における最初の短編小説集である。

  12世紀の平安後期。作者未詳。「虫めづる姫君(訳=蝶が好きな姫君)」など10篇の短編小説よりなる。

  源氏物語(1008):世界最古の長編小説、写実小説。54巻。日本文学の最高峰

  作者:女流作家の紫式部

  史的評価:写実的な「まこと」とロマン的な「もののあはれ(物哀)」を十分に書き上げた。日本古典の最高峰。成熟した王朝貴族文化の頂点を極める最高の美意識と言える。

  栄華(花)物語:編年体で綴られている日本最初の歴史物語である。藤原道長の栄華を中心に。

  大鏡:藤原道長の栄華を中心とした歴史物語で(内容同上)、最初の鏡物(かがみぶつ)である。

  他の三鏡:今鏡(いまかがみ)、水鏡(みずかがみ)、増鏡(ますかがみ)。四鏡(しきょう)。

  今昔物語集:日本最大の説話集。12世紀ごろ成立。

  土佐日記(930):女性の名に仮託して、仮名文字で書いた日本最初の日記である。

  作者:紀貫之。

  蜻蛉日記(974):女性が書いた最初の仮名日記である。平安時代の女流日記文学の代表的作品自照文学(自分の内面を照らし出し客観化して描くこと)の最初の作品

  和泉式部日記(1007):物語風の日記。

  紫式部日記(1010夏ごろ成立):平安時代の知識階級の女性の精神の内面をうかがうことができる。

  更級日記(1060):自伝的日記。作者:菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)

  千載集(1008):歌集。作者:藤原俊成。「幽玄」という世界を作り上げようとしていた。

  枕草子(1001):日本最初の随筆の代表作である。貴族階級 後宮の文化と精神を巧みに書きとめた。作者:清少納言。

  『枕草子』と『源氏物語』(日本古典文学の双璧)



日本霊異記(822):三巻より成っている日本最初の仏教説話集である。作者:景戒(けいかい)

  (三)中世の文学(鎌倉、室町時代)

  王朝美に対する思慕と憧憬

  仏教の普及と隠者文学の誕生

  説話文学の流行、説話の黄金時代(中世初期

  新古今和歌集(1205):後鳥羽院の院政により、源通具(みなもとのみちとも)、藤原有家(ふじわらのありいえ)、藤原定家(ふじわらのさだいえ)、藤原家隆(ふじわらのいえたか)、藤原雅経(ふじわらのまさつね)、寂蓮(じゃくれん)の六人が撰に当たった。王朝和歌の夕映えの美を示した

  方丈記(1212):作者:鴨長明。彼の隠遁生活の時の随筆集である。

  「厭世的無常観」という世界観。和漢混交文。

  徒然草(1331):

  作者:兼好法師/吉田兼好。和漢混交文や和文。

  隠者文学双璧:鴨長明の『方丈記』と吉田兼好の『徒然草』という両随筆。

  日本古典文学の双璧:『源氏物語』と『枕草子』。

  保元物語(鎌倉時代前期):保元の乱。作者未詳。

  平治物語(鎌倉時代前期):平治の乱。作者未詳。

  平家物語(鎌倉時代前期):作者未詳。「軍記物語」の代表作

  仏教的無常観。平家一族の興亡。和漢混交文。

  御伽草子:室町時代を中心に行われた通俗小説である。

  宇治拾遺物語(鎌倉時代前期):中古の「今昔物語」とともに、説話文学の代表作である。

  日本演劇の初めである。日本の代表的な伝統芸能。

分类: 杂货铺
全部回复 (16) 回复 反向排序

  • 4

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团