2015.09.21【日译中】水車館の殺人-第十章 -002

ziyansh2 (紫焱(シエン)) 译犹未尽
6 1 0
发表于:2015-09-21 21:24 [只看楼主] [划词开启]

水車館の殺人- 綾辻行人

章 過去 (一九八五年     九月二十八日~二十九日)

 

<別館>ホール  -  (午後八時五十分)

002

「さっきの話、どう思いますかな」

大石源造が、てらてらと光る団子鼻を掻きながら、向かい合ってソファに坐った三田村に問いかけた。ブランデーグラスを掌の中でまわしていた外科医は、その動きを止めると、アルコールのせいで少し充血した切れ長の目を上げた。

“刚才的事,你怎么看。”

大石源造挠了挠他油亮的蒜头鼻,询问着坐在沙发对面的三田村的意见。摇晃着手中白兰地杯的外科医生没有停止手上的动作,抬起他细长的因为酒精而略有些充血的眼睛。

 

「さっきの話?」

「あれですがな。あの正木って男が、さっき廊下で云った件。彼が頼めば、藤沼さんが絵を売る気になるかもしれんという」

三田村は「何だ」と云うように、ほっそりとした鼻梁に皺を作り、

「あれを真に受けてらっしゃるんですか」

“刚才的事?”

“就是那个啊。那个叫正木的男人刚才在走廊里说的那件事。拜托他的话,说不定藤沼先生会有出售画作的意思。”

三田村就好像在说着“什么啊”的样子,皱了皱他秀气的鼻梁说,

“你真的相信了?”

 

「ありえない話じゃないんでしょう」

「もしも正木氏が本当にそういった口利きをしてくれれば、あるいはね。けれどもたぶん、そんな気は全然ないんじゃないですかね。僕らをちょっとからかってみただけだと思いますよ」

「いやいや、そこを何とか、うまく話を持っていくんですな」

大石はいかにも商売人らしい調子でそう云うと、分厚い唇の端にくわえていた葉巻を灰皿に置いた。テーブルの上にあったケースからティッシュペーパーを何枚か抜き出して、そこにカッと痰を吐く。

“也不是完全没可能的事吧。”

“如果正木先生真的能为我们从中调停的话,或许吧。不过他大概是完全没有那个意思不是么。我觉得他只是想试试看稍稍戏弄一下我们而已吧。”

“不不不,这方面我会设法让他去说服藤沼先生的。”

大石以不折不扣的商人语气说着,将叼在厚嘴唇一角的雪茄放在了烟灰缸上。他从桌上的盒子里抽出了数张餐巾纸,将痰一下吐在了里面。

 

「たとえばですな、あの男が半年前からここに居候しとるというのは、何か特殊なわけがあってのことでしょうが。一ヵ月や二ヵ月ならともかく、半年というのは……ねえ、何かきな臭いものを感じてしまうんですなぁ」

「きな臭い?」

“假如,那个男人从半年前就一直寄居在在这里,那多半是有着某种特殊的原因不是么。一个月两个月也还罢了,半年的话……。呐,总感觉有点可疑啊。”

可疑?”

 

「そう。ぷんぷん臭いますな。よっぽど金に困っとるとか、他にもっとヤバい事情があるとか。今日あの男に会った時、あたしは今日が初対面だったんですがね、なのに何故か、いつかどこかで見た顔だと思った。どうもその、写真か何かで見たんじゃないかと思うんですなぁ」

「写真?」

“没错,非常的可疑啊。比如相当的为金钱的事烦恼,或者被其他难以处理的事情缠身什么的。今天遇到那个男人的时候,虽然我和他是初次见面,但是我总觉得那张脸在哪里见过。可能是在照片或者其他什么东西上看见的吧。”

“照片?”

 

「はっきりとは思い出せないんだが、ひょっとすると新聞か雑誌で……まあそこで、その辺をうまくつっつけばね」

「ふん」

三田村は鼻を鳴らし、指輪を捩じりながら冷ややかに目を細めた。

「取り引きのようなものを持ちかけようという?」

「平たく云えばまあ、そんなとこですな」

“虽然不能清楚的回忆起来,或许是报纸或者杂志上……嘛,所以如果能够顺利戳破这一点的话啊。”

“哼”

三田村哼了一声,一边转着戒指一边冷淡地眯了眯眼睛。

“你的意思是向他提出交易?”

“通俗的说,嘛,就是这样了。”

本帖来源社刊

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团