2014.03.05【日译中】百鬼夜行陰ー京極夏彦

zly0528 (夕奎) 路人甲
192 6 0
发表于:2014-03-04 21:57 [只看楼主] [划词开启]

第一夜 小袖のて


杉浦隆夫は箪笥に仕舞ってある妻の着物を凡て処分することにした。

杉浦隆夫把妻子在衣柜里所有的和服都处理了

もう妻が戻ることもあるまいし、仕立て直して再利用することも考え難かったから、ほとんど躊躇うこともなかった。

反正妻子已经不会回来了,因为也很难重新缝纫再利用,几乎没有任何犹豫。

ただ、ひきだしを開けると云う行為は自体には大層抵抗があって、杉浦はその刹那、恐怖のあまり指先の力を抜けて、取っ手の金具をかたかたと鳴らしてしまったのだった。

但是,打开抽屉这一举动让自身有着很大程度上的抵抗,杉浦在那一瞬间,因过度恐惧而发抖手一下子没了力气,抽屉的金属把手(也因被发抖的手触碰到)而发出的喀哒喀哒声。

そのかたかた云う音が。

那个喀哒喀哒声……

杉浦の恐怖心の一層逆撫でした。

杉浦的内心的恐怖感又加剧了。

――――馬鹿馬鹿しい。

真是太愚蠢了。

本当に馬鹿馬鹿しいと思ったから、杉浦は勢い良いひきだしを開けた。

心里念着自己太愚蠢,杉浦调整了气势,把它打开了。

畳まれた着物は畳紙に包まれ、折り目正しく実に丁寧に仕舞われていた。

折叠着的和服包裹在包装纸里,十分规整,非常精心的收藏着。

思い返せば妻は必要以上に几帳面な女だったのだ。杉浦はそんなことすらすっかり忘れていたようだった。

现在想来妻子也是个十分一丝不苟的女人。杉浦甚至连这些都已经不记得了。

提前预交明天的作业,等待着@voguepie给我布置英语作业了
@亦零涯 佐伯于D小伙伴们快点批改作业吧


3月5日

いずれにしても―。

着物が剥き出しになっていなかったお陰で、杉浦の不条理な恐怖心はやや鎮静化した。

そっと紙を捲ってみる。

見慣れた柄が覗いて、胸の奥が少しだけ痛んだ。

大した数ではないが、一枚一枚に過ぎ去った時間の残り香があるような、そんな錯覚を覚えた。

――これは慥か。

妻があの頃善く着ていた。

懐かしい、朧げな記憶を辿る。

あの頃――。

漠然とあの頃などと思うのだけれど、それが果たして何時のことなのか、杉浦にはまるで思い出せていない。

勿論妻が来ていたものに間違いはないのだが、それは甚だいい加減な記憶であり、だいいち杉浦にはそれが春物なのか夏物なのかさえ判らなかった。

杉浦は婦人の着物のことなど何も知らない。

大島も銘仙も区別がつかない。

杉浦は何かをしている妻の姿を眺めるのが好きだった。

でも、杉浦は何も見ていなかったのだ。

何も通じていなかった。

ただ、妻には十二分に未練があった。

PS.明天翻译,先备份

最后编辑于:2014-03-05 19:56
分类: 日语
全部回复 (6) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团