2014.03.07【日译中】【神探伽利略--第一章-1】

爱gnit614 (爱gnit614) 路人甲
66 0 0
发表于:2014-03-07 14:53 [只看楼主] [划词开启]
「……振り向いたところをみれば、夫は仮面をかぶっていた。銀色の金属でこしらえた無表情な仮面だった。感情を隠したいときにいつも使うこの仮面は、夫のやせた頬や頸や眉間にぴったりと合うように作られている。仮面をキラリと光らせて、夫は凶悪な武器を手にとり、じっと眺めた。その武器は――」
 そこまで読んだ時、バイクのエンジン音が近づいてくるのを彼は聞いた。レイ・ブラッドベリの『火星年代記』を手に持ったまま、窓の手前に立ち、カーテンを細く開けた。
 彼の部屋は北東の角の二階だ。東側の窓から左下方に視線を向けると、北側の道路に突き当たるT字路が見える。
 今夜は、バイクは三台だった。しかし人間の数は五人だ。つまり二台は二人乗りをしているわけだ。わざとたてているとしか思えないような聞き苦しいエンジン音を響かせ、彼等はいつもの場所にたむろし始めた。
 いつもの場所、とは東側の道路の突き当たりである。そこはバス停になっており、昼間バスを待つ人のためのベンチが置いてあるのだ。バイクの若者たちは、そこに腰かけて、いつまでも大声で馬鹿話をするのが大いに気に入っているようだった。しかも御丁寧なことに、すぐそばに飲み物の自動販売機もある。
 暴走族、というのではない。見たところ、ふつうの若者ばかりだった。髪を茶色に染めている少年が二人、パンツを腰の下までずり下ろしている少年が一人。あとの二人は大した特徴がない。一人が髪を肩まで伸ばしていることぐらいか。
 しかし、と彼は思う。見た目がふつうだからといって、暴走族よりも寛大に扱われるべきだということにはならない。
 彼は手に持った『火星年代記』の本を開いた。『一九九九年二月 イラ』という章の途中だ。もう何度読み直したかわからない。暗唱できるくだりがいくつかあるほどだ。この調子では、読み終えるのに何日かかるかわかったものではない。
 若者の一人が意味不明なことを喚《わめ》いた。それを聞いて周りの者が大声をあげて笑った。彼等の声は静かな町にこだました。ここは夜中になると殆ど車も通らない。
 彼は窓から離れた。そして文庫本をテーブルに置くと、部屋の隅にある電話機に近づいた。
 向井和彦は髪を茶色に染めていた。そしてその髪を後ろで束《たば》ねていた。そうすることで自分が少しでも一般人離れして見えることを望んでいた。
 彼は十九歳だった。一年半前に高校を卒業後、塗装会社に就職したのだが、時間を拘束されるわりに得られる金額が少ないことに嫌気がさして、三か月前に退職したのだった。一年あまりの間に稼いだ金は、中古のバイク一台とゲーム代に化けた。親と同居しているので、生活には困らない。ただしその親が、いつまでもぶらぶらしている息子に何かと口うるさいことにはうんざりしていた。親と顔を合わせたくないからこそ、深夜までこうして外を徘徊しているといえなくもなかった。
 彼はマルボロを口に挟んだまま自動販売機の前に立ち、金を入れてコーラのボタンを押した。ゴトゴトという音と共に、太い缶が下に落ちた。

 コーラを取り出した後、彼は何気なく自動販売機の横を見た。そこにいつもは見慣れないものが置いてあった。



「……回头看去,丈夫正带着面具。用银色金属所制作的毫无表情的面具。每次想隐藏表情时就使用这个面具,面具与丈夫消瘦的脸,脖子,眉间都是十分贴合。面具上一束亮光闪过,丈夫手里拿着凶恶的武器,目不转睛的看着。那个武器是……」
 正看到这里的时候,他听到了摩托车的引擎声越来越近。手里拿着莱・布拉德百利的『火星年代記』,站在窗前,将窗帘打开一条细缝。
 他的房间是在东北角的二楼。从东边的窗户向左下方看的话,可以看到北边路尽头的T字路。
今夜是三台摩托车。但却是五个人。也就是说有二台是两个人乘坐的。故意让难以听清的引擎声响着,他们开始聚集在老地方。
所谓的老地方就是东边道路的尽头,那里是公交站台,那里有为白天等公交的人所设立的长椅。摩托车的年轻人,坐在那里,像往常一样开始大声说着闲话,他们好像很喜欢这种行为。但谨慎的是不远处就有饮料自动贩卖机。
 不是所谓的暴走族,仔细看都是普通的年轻人。有两个少年染着茶色头发,一个少年的内裤在腰下面吊着。剩下两个人没有太大特征。也就是一个人的头发长的到肩膀左右。
但是,他开始想了。虽然看起来很普通,但也不能比暴走族宽大对待。
 他打开手里拿着的『火星年代記』这本书,正读到『一九九九年二月 イラ』这个章节。已经不知道重读了多少遍。也就记住了几个段落。这样下去不知道到何时才能读完。
一个年轻人说了句不明所以的话,周边的人听到后大声笑了。他们的声音回响在寂静的小镇里。这样的深夜几乎没有车通过。
 他离开窗户,将书放到桌子上,离房间角落里的电话机很近。
 向井和彦染着茶色的头发。而且头发在后面扎成一束。这样就感觉自己起码会看起来不像一般人。他19岁。一年半以前高中毕业后,在涂饰公司上班。但因为时间被限制得到的钱又少一气之下在三个月前辞职了。一年多时间挣的钱花在了一台二手摩托车和玩游戏上。因为和父母生活在一起,所以不会为生活所困。只是父母也已经厌烦了对这个游手好闲儿子的说教。也可以说是正因为不想和父母见面才如此深夜还在外徘徊吧。
 他嘴里夹着万宝路香烟站在自动贩卖机前面。放入钱,按了可乐的按钮。随着咕噜咕噜的声音掉下来一个粗罐子。在取出来之后,不经意间看了自动贩卖机旁边。那里放着不常见的东西。



分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团