2014.03.12【日译中】「福島産品、購入ためらう」じわり減 消費者庁調査

发表于:2014-03-12 10:15 [只看楼主] [划词开启]

「福島産品、購入ためらう」じわり減 消費者庁調査

消费者厅调查显示【福岛产品,犹豫购买】者减少


消費者庁は11日、東日本大震災の被災地と大都市圏の消費者を対象に2月におこなった食品中の放射性物質に関する意識調査の結果を公表した。「福島県産品の購入をためらう」と答えた割合は15・3%で、昨年2月に調査した時の19・4%から約4ポイント減った。

3月11日日本消费者厅公布了2月以东日本地震和大都市圈的消费者为对象的关于食品中的放射性物质的意识调查的结果。回答“犹豫购买福岛产品”的人数占15.3%,同比去年2月调查时的19.4%约减少了4个百分比。


   この結果について、森雅子消費者相は「理解が進んだということもあるが、震災から3年がたって関心自体が薄れてきた、いわゆる風化もあると思う。食品の安全性に関する理解が進んで数値が下がることを望んでおり、今後も発信源になりたい」と述べた。

对此结果,消費者相森雅子说“有了进一步的理解,自从地震灾害开始3年以来,对此事关心的人逐渐少了,也就是所谓的风化吧。希望随着民众对食品安全相关的理解加深,这一数字继续下降,今后也想成为发信站”


   調査は2月14~19日にインターネットでおこない、5176人の回答を得た。同様の調査を昨年2月と8月にしており、今回で3回目。発表によると、福島県産品の購入を「ためらう」と答えた人は1回目19・4%、2回目17・9%、3回目15・3%で、少しずつ減っている。

调查是2月14日-19日在网上进行的,有5176人进行了回答。同样的调查是在去年的2月和8月进行的,这是第三次。从发布的信息可以知道,对福岛产品购买回答“犹豫”的人第一次是19.4%,第二次是17.9%,第三次是15.3%,稍稍在减少。


   一方、放射線が人体に与える影響について10項目を挙げ、その中から知っているものを答えるように求めたところ、「特にない」という回答が27・2%に上った。1回目は18・5%、2回目は24%で、大きく増えている。

另一方面,列举了10项放射线给人体带来的影响,希望被调查者回答其中知道的项目,回答“没什么特别”的占到27.2%以上。第一次是18.5%,第二次是24%,比例大幅度增加了。




分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团