2014.07.27【日译中】给女孩们的书——母亲告诉女儿的关于人生的80条智慧(3)

发表于:2014-07-27 11:12 [只看楼主] [划词开启]
「流れ星が流れている間に願い事をすると叶う、という言葉があるけれど……」

高校生のとき、担任の笹谷先生がこういった。先生はつづけた。

「流れ星はあっという間に流れていく。その瞬時に自分の願い事が言えるためには、いつもその事を願っている必要がある。つまり、願い事がかなうためには、そのことをいつもいつも本人が心から願っていないとね。それだけ必死だから、叶うんだよ」と。

高中的时候,我的班主任笹谷老师曾经说:“有人说,流星划过天空的时候许愿的话愿望会实现。只是流星转瞬即逝,要想在这一瞬间说出自己的愿望的话,就要一直在心里默念这个愿望。也就是说,为了实现愿望,许愿的人必须要真心希望可以实现这个愿望。正因为有这个劲头 ,你的愿望才能实现。”


多くの人にとってもそうだろうが、授業から脱線した先生の話はなぜか心に残っていて、ときどき心に蘇ってくる。そして、そうだったのか、そうだよねと、牛が胃袋の中身を反芻するように、何度も噛み締める。

不知为什么,老师讲的这几句与课程完全无关的话一直留在我的心里,不知道对于其他的人是否也是如此。就像牛会反刍一样,我也会时时想起这几句话,细细品味其中奥妙,觉得老师说的话是对的。


確かに、「あ、流れ星!」と思った瞬間、ぱっと願いをかけられるのは、そのことをずっと思っているからだ。

确实如果能在看到流星的时候马上许愿的话,就说明你一直都在想着这件事。


評論家の樋口恵子さんの本で、「強く思えば叶う」という言葉に出会ったことがあるが、これも流れ星への願いと似ている。」

评论家樋口惠子曾说,只要你一直想着这件事就会美梦成真。这和流星许愿有着异曲同工之妙。


裁判のときだって、裁判官は原告側と被告側のどっちが必死かということに左右されることがあるだろう。並々ならぬ情熱が裁判を動かすということはある。

在法庭上,法官也是会被原被告双方的情绪所左右的。非比寻常的热情也是会影响结果的。


政治だって、どうせ多数決で決まるのだからと惰性でやっていては、なにも始まらない。情熱をもってあの人に話し、この人にも話し、必死に動いていれば、活路が開かれることがあるのだ。

在政治方面,如果抱着反正是少数服从多数的想法的话,那就永远没有收获。你用你的热情去与人交流,想尽一切办法说服对方,才会找到出路。


図々しいと思いつつ、「アドバイスをください」と頼んだことで、新しい世界がバーンと開かれたことは、私にもある。その時、わたしは必死だった。わたしの思いが届いたのだろう。

我也有过这样的经历,虽然觉得不好意思,但是还是厚着脸皮请对方给予建议,最后就觉得眼前又有了一个全新的世界,感觉豁然开朗了。那个时候我真的是特别拼命,或许最后能成事也是因为对方感受到了我的这种热情了吧!


その人の世界は、その人の思いで作られる。そして、その思いのキャパシティーを超えて、世界が作られることはないのだ。

每个人都是由他的想法构成的,没有哪个人能凌驾于他的个人想法。


願いはいつも想い続けることが大事なのだ。
许愿最重要的是你心心念念的都是这件事。
   


分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团