2014.07.23【日译中】大学の講義下

发表于:2014-07-28 14:57 [只看楼主] [划词开启]
     毎回の授業の概要をプリントして配るのは常識だという。授業内容も、様変わりだ。政治学を例にとると、かつてはルソーの「社会契約論」などの古典を読んだり、欧州議会史などをこまごまと講義したりしていたが、今は郵政民営化などの現在の問題を使ったり、現職の日本の政治家を研究する授業もある。
       据说把每一课的要点印好分发给学生是一种常识。上课的内容也变样了。以政治学为例,以前读读卢梭的《社会契约论》之类的古典,细细讲讲欧洲议会史,而现在上课有的会探讨一下邮政民营化等当代问题及研究现任的日本政治家。


  ところがおもしろいもので、学生の間ではこんな意見も聞いた。「現代は情報があふれて、どれを読み、何を信じるべきか迷う時代。授業が現代の素材を扱うとその延長のような気がしてしまう。むしろ古典を読みたい」
       令人觉得有意思的是,在学生之间听到了这样的意见:“当今时代是一个信息大爆炸让人不知如何分辨对错的迷惘时代。以当今为素材的课题,反而会觉得更加迷茫。还不如读些古典。”


  いつの時代も、学生の不満の種は尽きないと言うべきか、何事も配合とバランスが難しいというべきなのか。考えさせられる。
      不管是何种时代,学生的不满总是说也说不完,还是说不论何事,配合和平衡总是很难。让我不禁思考。
  
 

最后编辑于:2014-08-03 18:03
分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团