2014.07.28【日译中】“日本鳗鱼”完全人工养殖和养殖成本成重要课题

kiminiayitai (小婷) 路人甲
61 1 0
发表于:2014-07-28 20:33 [只看楼主] [划词开启]

<ニホンウナギ>完全養殖、コストが課題 実用化にあと一歩
“日本鳗鱼”完全人工养殖和养殖成本成重要课题,还要进一步实现运用到实践中

                
    夏バテ予防といえば、ウナギ。だが、思い出してほしい。世界の科学者らでつくる「国際自然保護連合(IUCN)」が6月、ニホンウナギを絶滅危惧種に指定したことを。一度指定された種が危機を切り抜けるほどに生息数を回復した例は極めて少ない。次世代にウナギを残せるのか。29日の「土用(どよう)の丑(うし)」を前に考えた。
    提到预防夏季倦怠症,那一定要吃鳗鱼。这么一说,回忆起了一些事情。6月,由世界科学工作者们组成的《世界自然保护联盟(IUCN)》将日本鳗鱼指定为灭绝濒危物种。指定的物种能够解除危机,恢复到正常生息数量的例子是极其少的。在29日日本吃鳗鱼的节日“土用の丑” 即将到来的时候,我们不禁思考,下个时代还会有鳗鱼吗?

    
   資源保護となるとまず思いつくのが養殖。現在、出回っているのは稚魚のシラスウナギを捕獲し育てたものだが、近年は漁獲高が激減し養殖ウナギもピンチだ。一方、親から採取した卵をふ化させ成魚に育てる「完全養殖」は実験室では既に成功し、実用化にあと一歩のところまできている。
   资源保护首先想到的是养殖。现在,市场上出售的是幼年鳗鱼,可以将其进行饲养。但是近几年捕获的鳗鱼数量急剧减少,这给鳗鱼的饲养带来了危机。另一方面,从成鱼体内获取鱼卵从而培育成成虫的实验(完全养殖)在实验室里已经取得成功,等待将其进一步运用到实践中。


 独立行政法人水産総合研究センターは2010年、卵から育てたニホンウナギから卵と精子を採取し、人工ふ化させることに世界で初めて成功。さらに今年2月、1000リットルの大型水槽でシラスウナギにまで育てることも成し遂げた。生まれたばかりの幼体約2万8000匹中、シラスに育ったのは約320匹と成功率は低いが、天然シラスの漁獲量がピーク時の80分の1に落ち込む中、光が見えたのには違いない。
   2010年,独立行政法人水产综合研究中心从卵培的日本成年鳗鱼体内提取卵和精子,成功实现人工孵化,这在世界上尚属第一次。随后在今年的2月份,在1000升的大型水槽中进行的幼年鳗鱼的培育也取得了成功。刚刚孵化的幼鱼约2万8000条,其中成功发育的约320条。虽然成功率很低,但是在天然幼鱼的捕获量降到最旺盛时期的八十分之一的现在,无疑让我们看到了曙光。

最后编辑于:2014-07-28 20:36
分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团