2014.07.29【日译中】正常でないのか日本の長期金利(一)

发表于:2014-07-29 11:16 [只看楼主] [划词开启]

正常でないのか日本の長期金利
日本的长期利率不正常吗?

7月24日の日経QUICKニュースによると、甘利明経済財政・再生相は24日夕、経団連主催の都内でのフォーラムで講演し、低水準が続いている長期金利について「これが正常と思わない方がいい」と述べたそうである。
据7月24日日经QUICK新闻报道,24日傍晚甘利明经济再生相在经济团体联合会主办的东京都内论坛中,关于持续的低水准长期利率这一点发表了这样演讲:“这样最好不要认为是正常的。”
 
そのうえで「アベノミクスで景気を良くしていけば自然と長期金利は上がっていく」と指摘。「その際には国債の信認を失わせない、財政再建プランに対して政府がきちっとコミットしていくこと」が大事だと強調した。
并且指出“依据安倍经济学,如果景气转好的话,自然地长期利率会上涨”,并重点强调了:“在这种情况下不让人失去对国债的信任,对于财政重建计划政府要认真参与”
 
このように甘利経済財政相は、現在の異常な(?)長期金利に警鐘を鳴らした。これは、アベノミクスにより景気は回復しつつあり、物価も上昇しているなかにあり、経済実態に即した長期金利はもう少し高いところにあるはずだが、いまだに超低位にあることに対しての警告のように思われる。
 如是这般,甘利经济财政相对于现在异常的长期利率敲响了警钟。得利于安倍经济学,景气正在恢复、物价也处在上升中、虽说结合经济实情长期利率也有稍微高点的地方,甘利的言论似乎被认为是对如今处在超低位的一种警告。
現在の日本の長期金利の超低位での安定には、いくつかの要因が考えられるが、その最たるものが日銀による国債買入となる。日銀の黒田総裁は6月7日の講演で「日本銀行の巨額の国債買い入れは、10年物長期金利を0.6%程度という低水準に抑制しています。」と明言している。その後、長期金利は0.5%近くまで低下している。
现在日本稳步处于超低位长期利率其中,有几个因素被认为是要因,但最主要的是因为日银的国债购入。日银的黑田总裁在6月7日的演讲中明确表示:“日本银行的巨额国债购入,抑制了10年来物品长期利率0.6%程度的低水平。”此后,长期利率低至0.5%。
 
黒田総裁は次のようにも述べている。
黑田总裁做出如下说明。

「実質金利はマイナス圏で低下を続け、実体経済を刺激してきました。すなわち、日本経済は内需を中心に成長を続けています。消費者物価指数(除く生鮮食品)の前年比は、昨年3月は-0.5%でしたが、今年の4月には消費税率引き上げの直接的な影響を除くベースで+1.5%に達しています。」
实际利率用减圈持续低位,刺激了实体经济。换言之,日本经济以内需为中心正持续成长。消费者物价指数(除去生鲜食品)相比前年,虽说去年3月减少0.5%,但在今年4月除去因消费税率上涨导致的直接影响外,最高增幅达到1.5%。

 

翻的仓促。请各路朋友多指教~~

 

分类: 日语
全部回复 (8) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团