2014.07.30【日译中】电影《海角七号》片段:第四封信

任美竹 (美) 初涉译坛
91 3 0
发表于:2014-07-30 10:17 [只看楼主] [划词开启]

电影《海角七号》片段:第四封信

夕方、日本海に出た。昼間は頭が割れそうに痛い。

傍晚时候出海了。一整天我的头都像要炸开一样痛。
今日は、濃い霧が立ち込め、昼の間、僕の視界を遮った。

今天浓雾弥漫,一直遮挡着我的视线。
でも、今は星がとても綺麗だ。

但是,现在星星非常漂亮。

覚えてる?君はまだ中学一年生だった頃、天狗が月を食う農村の伝説を引っ張り出して、月食の天文理論に挑戦したね。

记得吗?你还是中学一年级的时候,曾搬出天狗食月的农村传说,挑战了月食的天文理论。

君に教えておきたい理論がもう一つある。

还有一个原理想要告诉你。
君は、今見ている星の光が、数億光年の彼方にある星が放たれてるって知ってるかい。
うぁ~

你知道么?你现在所看到的星星闪烁的光,是几亿光年前在那里的星星所发出的。

哇~

数億年前に放たれた光が、今僕たちの目に届いているんだ。

几亿年前发出的光现在才被我们看到。
数億年前、台湾と日本は一体どんな様子だったろう。

几亿年前,台湾和日本究竟是什么样子呢?
山は山、海は海、でも、そこには誰もいない。

山还是山,海还是海,但是,那里一个人也没有。

僕は星空が見たくなった。虚ろやすいこの世で、永遠が見たくなったんだ。

我想看星空,在这个空虚的世界,想要看到永远。
台湾で冬を越すライギョの群れを見たよ。

看到了来台湾越冬的鱧鱼群呢。
僕はこの思いを一匹に託そう。

好想把我的爱意寄托给其中的一条。
漁師をしている君の父親が、捕まえてくれることを願って。

请你做渔夫的父亲抓住它,
友子、悲しい味がしても食べておくれ。

友子,即使味道悲伤,也吃下它吧,
君には分かるはず。

你一定知道的,

君を捨てたのではなく、泣く泣く手放したということを、
我不是抛弃你,而是流着泪放开了手。

皆が寝ている甲板で、低く何度も繰り返す。

在大家睡着了的甲板上,反复了好多次。

捨てたのではなく、泣く泣く手放したんだと。

我不是抛弃你,而是流着泪放开了手。

最后编辑于:2014-07-30 17:28
分类: 日语
全部回复 (3)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团