2014.08.02【日译中】给女孩们的书——母亲告诉女儿的关于人生的80条智慧(4)

发表于:2014-08-02 20:48 [只看楼主] [划词开启]

わたしは生まれた時には、福島瑞穂で、今も福島瑞穂である。

我自从出生的时候就是福岛瑞穗,现在也是福岛瑞穗。


パートナーと一緒に暮らし始めた時も、子供を産んだ時も、結婚届は出さなかった。夫婦別姓で、子供は婚外子。

 跟爱人开始同居的时候,生孩子的时候,都没有做婚姻登记,夫妻姓氏不一样,孩子也是非婚生子。


一緒に暮らし始めたときは、取り立てて問題は起きなかったが、さすがに子供が生まれるときは考えた。子供という新しい存在に、これは私とパートナーだけど問題というふうには、割りきれなくなったのだ。

 刚开始一起生活的时候,没有什么问题,但是在生孩子的时候的确认真想过。因为有孩子,所以这个问题就不仅牵扯到我和我爱人两个人了。


もしも、私がしぬときに、神様に「人生で最も悩んだことを三つあげよ」と聞かれたら、娘が生まれた時に結婚届を出すかどうか迷ったことと、議員に候補するかどうか迷ったことである。三つ目はまだない。

在我死了之后,如果有神让我举出来在这一生当中最苦恼的三个事情的话,首先是女儿出生的时候苦恼于要不要婚姻登记,接着是要不要竞选议员这两件事。目前还只有这两件,没有第三件。


私の母は、生まれたばかりの娘を抱っこしてあやしながら、嘆くように、「こんなにかわいいのに、どうしてあなたは、結婚届を出そうとしないの?」といったものだ。そして、姉と一緒に私のパートナーに宛てて、「どうか結婚届を出してください」という、切々とした手紙を書いていた。

我妈妈曾经一边哄着刚刚出生的孩子,一边说“孩子这么可爱,你怎么就不想登记呢”。之后又和我姐姐一起给我爱人写信,说“你们一定要去登记”。


彼は、私が結婚届を出すといえば同意しただろう。だが、私が別姓でいたいし、結婚届を出したくないという考え方だったので、それでいいと思ってくれていた。

只要我开口说要去登记,他一定会同意的。只是我想保留我自己的姓,而且也不想登记,他也觉得这样并没有什么问题。


区役所に出生届を出すべしという規定があるので、とにかく行かなければならなかった。

因为规定在出生之后两周内一定要办手续,所以无论如何都要去一趟。


駅から区役所うに歩いていく途中、気持ちが悪くなって、吐きそうになった。サルトルの小説「嘔吐」を思い出した。本当に吐きたいというよりも、内面の葛藤が、吐き気を催指せるという感じで、手続きをしている間も、めまいがしていた。娘は婚外子になるわけだが、役所の担当者はどうもそんな戸籍を作ったことがないらしくて、奥の方に聴きに行ったりしている。待っている間にも、どんどん気分が悪くなる。

我清楚记得去区政府办理出生证明的那天自己有多累多想吐。从车站到区政府的路上,就恶心到要吐,想起了萨特的小说——《呕吐》。其实并不是真的要吐,而是由于精神上的原因才让我想吐。在办手续的过程中,还觉得头晕。因为女儿是非婚生子女,但是连政府的职员都没有见过这种情况,不知道怎么制作户籍如何登记,就去问上司了。我在等待的时候,也越来越不舒服。


わたしは、世の中から差別がなくなったらいいと思い、特に法制度上の差別をなくすべきだと思っていた。自分なりに気持ちよく生きていきたいという思いと同時に、差別をなくすためにも、結婚届を出さないという生き方をし、婚外子差別撤廃もやっていくべきだと。

我经常想,要是这个世界上再也没有歧视,特别是法律上更应该没有歧视才对。我希望自己可以随心所欲地生活,同时也想消除歧视,因此才选择了不办理婚姻登记这种生活方式,也致力于消除非婚生子女的差别对待。


だが、わたしは悩んでいた。頭では結婚届を出さずに戦うべきだということはわかっている。ところが心は、はっきりとそれを拒否していた。

但是我也苦恼过。虽然脑子里明白应该不登记战斗下去,但是心里却完全不是这么想的。


怖かったのだと思う。戦うことが、人と違う事をすることが、人に説明をすることが、自分が未婚の母になることが、自分の子供が婚外子になることが。だから、頭と心と体がばらばらになる感じだった。

我想,应该是害怕了吧!害怕战斗,害怕与人不同,害怕一遍遍地解释,害怕自己成为未婚妈妈,害怕自己的孩子成为非婚生子女,所以理智与感性把我扯得四分五裂。


しかし、わたしは自分の足りたいようにやりたかった。私が本当にしたいことは、名前を変えずに、結婚届を出さずに生きていくことだった。

但是我希望自己能像自己所希望的那样生活下去。我真正想做的是,不更名改姓不登记也能活下去。


当時よく、鏡の中の自分の不安そうな顔に向かって、心の中で話しかけていた。「世界中の人を騙すことはできても、自分を騙すことはできない」と。

那个时候,我经常对着镜子中满脸不安的自己说,就算你能骗得了全世界,你也骗不了你自己。


わたしはこのとこのことを、今でもときどき思い出す。そして、不本意な選択をしないでよかった、とつくづく思う。もしも私が、彼の名前に変えていたら、きっと、不満が溜まっていっただろう。

 现在我也经常会想起那个时候的事,然后觉得那个时候没有违背自己的心意真是万幸。如果真的办了婚姻登记手续,把自己的姓换成了爱人的姓,那我心里一定会积攒一堆的不满。


誰でも心の中に、静かな湖を持っていると思う。それは緑の湖が青い湖かわからないが、悩んだ時には、その湖をじっーと覗き込んで、静かに考えるといい。自分は、本当はどうしたいのか。静かに自分の心の奥底の声に耳を傾けてみよう。

我想,每个人的心中都有一片静谧的湖水,至于它是什么颜色的,就不得而知了。不过,在你烦恼的时候,就盯着那片湖水,静静地思考。问问自己,究竟自己想要做什么。 静下心来,听听自己心底的那个声音。


心の奥底の声を大事にしている限り、そんなに不本意な人生にはならない。私にとっては、あの時が湖を覗き込む、とても大切なときだった。

只要你珍视自己心底的那个声音,就不会做让自己后悔的事情。对我而言,那个时候,静静地看着那片湖水,是我最重要的时刻。


自分の気持ちに正直でありたい。

一定要诚实面对自己!

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团