「若者たち2014」、日本の若者の苦痛と希望描く

发表于:2014-08-06 20:39 [只看楼主] [划词开启]

「1966年、僕は学生寮で一つのテレビに釘付けになっていました。人が懸命に生きるということ、なぜ生きなければならないかということ、こうした台詞が速射砲のように繰り出されるドラマに胸を締め付けられる感動を覚えました」。それから48年が経った現在、このドラマ「若者たち」に感動し、「北の国から」シリーズの演出を務めた杉田成道は、「見えない明日への不安」が蔓延する現代も青春は変わらないと語る。「若さとは、不安と矛盾でのたうち回り、理想と現実の狭間に苦しみ、恋愛に未来を想い、人生に意味を見つけようと苦闘する姿であります。それは、誰もが通る道であり、そこには『光』がなければなりません」。

“1996年,我在学生宿舍被一个电视剧给吸引了。人拼命地活着,为什么人一定要活下去呢,这样的台词在那部电视剧里速射炮一样连续不断发射出来,我当时触动很深,很感动。”时间过去了48年,被那部电视剧:《年轻人们》感动的,并且出演了《从北国来》系列的杉田成道先生说:虽然现代社会弥漫着对未知明天的不安,但是青春是不会变的。“年轻就是在不安和矛盾中来回翻滚,在理想和现实的夹缝中痛苦挣扎,思考恋爱未来,寻找人生意义,这些艰苦奋斗的样子。这是谁都要走的路,在这条路上一定有光。”

杉田成道がフジテレビとドラマ「若者たち2014」を撮ることにしたのは、日本の若い世代の青春の苦痛と希望とを表現するためだった。48年前のドラマ「若者たち」は、5人の兄妹がたくましく生きる姿を通じて、戦後日本の社会の姿を描き出した。シーンを現代の東京へと移した「若者たち2014」も、若者の日常を通じて時代を描き出している。主人公である佐藤家の5兄妹は、旧作と同様に両親を亡くしたという設定。長男旭(妻夫木聡)と次男暁(瑛太)、長女ひかり(満島ひかり)、三男陽(柄本佑)、四男旦(野村周平)のそれぞれが、青春の日々の中で様々な感情に揺れ動く様を描く。貧困や就職、家庭、友情、恋愛、結婚などの悩みに直面した若者たちが、ある時は激しく口論し、ある時は殴り合いの喧嘩もし、迷いながらも明日への歩みを踏んでいく。ドラマはこの5人とその周囲の人々をめぐる青春群像劇であり、アイドルが出演するだけが売りのドラマとはまったく異なる。

杉田先生之所以拍摄富士电视台《年轻人们2014》,是想借此表达日本年轻一代的痛苦和希望。48年前的《年轻人们》通过5人兄妹坚强地生活的样子描绘出了战后日本社会的面貌。背景转移到当代东京,通过年轻人的日常生活描绘出现代社会。主人公佐藤家的5兄妹,和前作一样是父母双亡的人物设定。叙述长男旭(妻夫木聪)和次男晓(瑛太),长女光(岛满光),三男阳(柄本佑),四男旦(野村周平),五人各自在青春中被各种感情动摇的样子。年轻人们直面贫困,就业,家庭,友情,爱情,结婚等等烦恼,有时激烈地争吵,有时打架,在迷茫中向着明天走去。这部电视剧是围绕着这5个人和他们周围的人展开的青春群像剧,和靠偶像出演支撑的热门电视剧不同。

ドラマは第一話から強烈だ。兄妹4人が食卓を囲んで機関銃のように言い争う。それぞれが遭遇している問題が次々に明らかとなる。「できちゃった婚」をバカにしていた旭は、ガールフレンドが妊娠したことを知らされ、さらにキャバクラで働いていることも知ってしまう。なかなか結婚しないひかりは、医師の新城と不倫をしている。陽はまじめな仕事に就こうとせず、自分の「理想」を求めて劇団に入り浸る。旦は授業を放ったらかしでクラスメートに片思いし、「童貞を捨てた」と喜んでいる。刑務所から出所したばかりの暁を合わせると、佐藤家はまさに問題だらけの家庭であることがわかる。

电视剧从第一集开始就很激烈。兄妹四人围着饭桌机关枪似的争论。各自遭遇的问题一个个清晰起来。看不起“奉子成婚”的旭得知自己的女朋友怀孕了,而且还在夜总会上班。迟迟不结婚的光和新城医生搞婚外情。阳不去认真找工作,追求自己的理想,沉浸在剧团里。旦不管自己的学业单相思同学,因为拜托处男身而高兴。加上才从监狱里放出来对晓,佐藤家简直是问题家庭。

最初から問題が提示されるドラマは普通、その問題の迫力で視聴者を釘付けにしてしまおうとするものだが、このドラマの第一話は、たくさんの俳優がめまぐるしく変わるので、見ている人は一つ一つのエピソードに深入りすることなく終わる。

一上来就把问题抛出来的电视剧很常见,想用这些问题留住观众继续看,但是这部电视剧第一集,角色很多,换的目不暇接,观众对每一个人的故事都没有深入了解就结束了。

物語の構造から見てもこのドラマは興味深い。第二話からは、一話ごとにテーマが際立たされ、矛盾が浮き彫りにされ、問題が解決される。物語の進行は、主人公(例えば旭や暁)が問題に直面し、家族で口論となり、問題が決着し、主人公が感動する、という道筋をたどる。浮き沈みの激しいストーリーだが常に、家族への思いや愛への信念が通底音となっている。主人公の涙とともに主題歌が流れ始めるフィナーレはまさに「泣き所」だ。

从故事的结构上看这部电视剧也是很有意思的。从第二集开始,每一集都突出主题,凸显矛盾,解决问题。故事的是顺着,主人公(例如旭和晓)直面问题,家人开始争吵,问题解决,主人公被感动这样的路子发展的。虽然是起伏很大的故事,但是对家人的爱和体谅的信念是贯穿这部电视剧的。主人公流泪的同时主题曲响起,这个结尾正是“泪点”所在啊。

テーマが明らかな主題歌から、「働くことが生きている証明だ」「努力して笑って生きていこう」「損をするとわかっていてもみんな歯を食いしばって頑張っている」などの台詞は、多くの青春ドラマと同様、日本らしい主旋律と「小確幸」や日本的誇張に満ちており、慣れない人には鳥肌モノかもしれないが、好きな人はそこに励ましを見つけ、号泣してしまう。くさい芝居と言われても、このドラマのポジティブなエネルギーはすごい。


主题歌主题鲜明,像是“工作是或者的证明”,“努力并且笑着生活”“明知道吃亏打架还是咬牙奋斗”等等这样的台词,和很多青春电视剧一样,剧集充满了很日本风的主旋律,”小确幸“,日本式的夸张手法,对于不习惯的人来说可能是看了鸡皮疙瘩的的电视剧,但对于喜欢的人来说能感受到鼓舞,甚至会大哭。虽说风格老掉牙,但这部电视剧的正能量是不得了的。

最后编辑于:2014-10-29 21:04
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团