2014.08 .13 【日译中】 日本人和食肉的历史 之日本人食肉的起源

发表于:2014-08-13 17:27 [只看楼主] [划词开启]

日本人と肉食の歴史

日本人和食肉的历史

 

  1. 日本人の肉食の起源は

1.日本人食肉的起源

肉食といえば「文明開化」。しかし、縄文時代の日本は狩猟採集の生活でイノシシやシカを食べていました。また、弥生時代に農耕民族になってからも肉食をやめることはなく、それは奈良時代までは当たり前のことなのでした。

说到食肉就想到【文明开化】。但是,绳纹时代的日本是靠打猎所捕获的野猪或鹿为生的。另外,在弥生时代成了农耕民族后并没有放弃食肉,食肉一直到奈良时代都是很普遍的现象。

 問題はこの後。仏教が本格的に普及すると、「生きているものを殺しては駄目」と提唱。植物だって生きていると思いますが、ともあれ肉食する奴はとんでもない奴というレッテルが貼られ、肉食は衰退していきました。ただし、キジをはじめ鳥肉はその後もずっと食べることがありました。

在这之后却产生了问题。佛教正式普及后就提倡【不可杀生】。虽然知道植物也是活的,却给食肉的人扣上坏人的帽子,这样,食肉就渐渐衰退了。只是,还是继续吃以野鸡为首的鸟类。

 ただし、鶏は食用の対象ではなく、ただ羽の色と鳴き声を楽しむだけのものだったそうで、鶏が食用になったのは明治以降です。

但是,并非不吃鸡,只是享受它的毛色和叫声而已,明治以后开始吃鸡。

では他の肉は平安時代から江戸時代まで何も食べなかったのでしょうか。

那么在平安时代到江户时代也没有吃其他的肉吗?

 実は、戦国時代に焼き肉が登場しています。

实际上,在战国时代就开始吃烤肉了。

 これは何故かというと、足軽(兵士)の人々が非常食として農家から牛をかっぱらってきて、味噌(普段携帯している)で味付けして鉄板で焼くことを考案したからです。腹が減っては戦は出来ぬ、と緊急事態がなせる料理ですが、おいしかったでしょうねえ。また、宣教師が牛や馬の肉を食べていたことで、九州を中心に肉食が普及。しかし、それが豊臣秀吉に嫌がられたようで「バテレン(宣教師)追放令」と共に禁止となりました。

要说为什么的话,那是因为脚步轻快疾跑的士兵想偷取农家的牛来作为应急口粮,用随身携带的调料来调味再放在铁板上烤。饿着肚子的话就会出现无法出战,造成这一严重事态的食物 应该很美味吧。另外,通过传教士吃牛和马的肉,以九州为中心普及食肉生活。但是,因为丰臣秀吉讨厌食肉,所以下达了【基督教传教士放逐令】并禁止了食肉。

第一、牛や馬は農家にとって重要な働き手でした。今のように牛や馬を大量に飼育するのも大変なので、肉食によって失っては駄目だったのです。ついでに言うなら秀吉は農家の出身。そこの事情を考慮したのかも・・・しれませんね。ただし、飢饉の時はそんなことも言っておられず、食べたようです。

第一,牛和马对农家来说是重要的生活支柱。现如今大量地饲养牛和马也是很吃力的,对肉食者来说是不可或缺的。顺便说一下秀吉是农家出生的。或许考虑过食肉之事。只是,饥饿时吃过肉的事也不能说,

 

最后编辑于:2014-08-13 21:30
分类: 日语
全部回复 (11) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团