2014.08 .19 【日译中】 干杯的起源 之井上清直

发表于:2014-08-19 23:33 [只看楼主] [划词开启]

2.余談:井上清直の名誉のために・・・

闲谈:为了井上清直的名誉

ところで、これでは井上清直は単なるお馬鹿さんと言うことになってしまいますが、ハリスと日米修好通商条約を結ぶなど、幕府の主要な外国との条約交渉の責任者として激務をこなした官僚です。

然而,虽说井上清直是个简单的笨蛋,但和哈里斯签订了日美合好通商条约等,作为幕府主要的外国之间的条约交涉责任者而担此重任的官僚。

1810年生まれ。弟に有名な川路聖謨がいますが、この人物については歴史のコーナーではないので省略します。

(井上清直)1810年出生。其弟在有名的川路聖谟,由于没有关于其弟的历史记录,故在此省略。

 んで、この乾杯事件の翌年、安政2年に下田奉行に任命され、ハリスと日米修好通商条約の交渉を開始し、これを安政5年に締結されます。

那么,在这个干杯事件的第二年,即安政2年,下田被任命奉行,和哈里斯开始交涉日美合好通商条约,此条约于安政5年签订。

同年、外国奉行にも任命され兼務。同僚の岩瀬忠震と共に対外交渉の責任者になり、日露修好通商条約や日英修好通商条約を調印させます。

同年,下田被任命兼任外国奉行。和同僚岩瀬忠震一起成为对外交涉的责任者,并签署日俄修好通商条约和日英修好通商条约

そして、町奉行になった後、1863(文久2)年には、小笠原長行に従い兵と共に上洛し、更に戻るとまた外国奉行になったり、関東郡代兼帯や勘定奉行になったりと、大忙しで(実は政変で左遷なんかも繰り返しています)、1867(慶應3)年に死去しました。・・・・過労死じゃないんですか?

于是,町奉行兴起后,在1863(文久2)年,和跟随着小笠原长行的士兵一起进京,再返回时又兴起了外国奉行,兼任关东郡代和勘定奉行后,就繁忙起来(实际上是因为政变而反复遭遇到左迁什么的。),在1867年(庆应3)年逝世。应该是过劳死吧。

  ちなみに開国派の人物で、井伊直弼と直談判したり、勝海舟を太平洋横断させるなど人物眼もあります。ちなみに、先ほどでた岩瀬忠震というのは、やはりほとんどの外交交渉に係わった人物で、頭脳明晰かつ直球で物を言うタイプ。

接着由开国派的人物与井伊直接谈判,也有让胜海舟横渡太平洋等的人物。顺便说一下,刚才出现的岩瀬忠震果然是个纯粹的外交交涉人物,头脑聪明并且直言不讳的人。

井上清直は、乾杯!と叫んでしまいましたが、本来は謹厳実直な人物で、この2人はまさに名コンビと言ったところでしょう。

虽然井上清直喊到,干杯!但他原本就是严谨耿直的人,与岩瀬忠震真可谓是一对有名的组合。

ただ、岩瀬はその性格ゆえに将軍継嗣問題時に徳川慶喜を強く推薦、結果、ご存じの通り後の徳川家茂が将軍になるので、井伊直弼ににらまれ安政の投獄で投獄され、亡くなってしまいました。

只是,因为岩瀬的这种性格,在将军继嗣问题上,极力推荐徳川慶喜,结果,正如我们所知道的历史,徳川家茂成为了将军后,井伊直弼被关在安政的监狱,最终死亡。

  そんなわけで、これは幕府滅亡から随分たった後の徳川慶喜の発言ですが、幕府には人材がいないわけではないんです。問題は良いポストに登用する手段がなかなかないんだって。

因此,这是徳川慶喜在幕府灭亡一段时间后的发言“幕府并非没有人材。只是没有掌握坐上好的地位的方法。
分类: 日语
全部回复 (9) 回复 反向排序

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团