2014.08.20【日译中】中国、自動車部品に制裁金 独禁法違反で日本精

发表于:2014-08-20 16:10 [只看楼主] [划词开启]


 自動車用ベアリング(軸受け)大手の日本精工とNTNは19日、中国の独占禁止法当局から制裁金の支払いを命じられたと発表した。

 汽车用轴承大型企业日本精工和NTN在19日发表,被中国反垄断当局勒令支付罚金。

 中国当局は談合などで販売価格を不当につり上げる違反行為があったと判断したもようだ。

 中国当局看样子会按串通哄抬销售价格的违法行为进行判定。

 制裁金は日本精工が1億7492万元(約29億円)、NTNが1億1916万元(約19億円)で、両社とも支払いに応じるとみられる。

 日本精工罚款1亿7492万元(约29亿日元),NTN罚款1亿1916万元(约19亿),两公司均接受处罚。

同業の不二越も同日、当局から独禁法違反の決定通知を受け取ったが、調査への協力により、制裁金は免除された。

同行业的不二越也于当日收到当局反垄断决定通知,但因为配合调查罚款被免除了。

3社は価格カルテルなどを取り締まる国家発展改革委員会(発改委)の調査を受けていた。

三家公司接受了限制价格卡特尔国家发展改革委员会(发改委)的调查。

日本精工とNTNは「事態を厳粛に受け止め、一層の法令順守の徹底に努める」とのコメントを発表。

日本精工和NTN发表了“认识到事态的严肃,会更加彻底遵守法律”的评论。

「業績予想の修正が必要になった場合は速やかに開示する」としている。

说道“如果有必要进行业绩预测修改的话会迅速明确”。

3社は詳細な違反理由を明らかにしていない。

三家公司详细的违法理由还不明确。

日本のベアリング業界を巡っては、日本精工やジェイテクトが欧州や米国の当局から「価格カルテル」の摘発を受けた経験がある。

在日本轴承行业,日本精工和JTEKT曾有过被欧洲和美国当局揭发“价格卡特尔”的经历。

中国は「自動車関連の日系12社の調査を進めている」(発改委幹部)としていた。

中国发改委干部会对跟汽车相关的12家日企继续进行调查。

分类: 日语
全部回复 (1)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团