2014.08.22【日译中】きみにしか聞こえない——只有你听见(1-2)

发表于:2014-08-22 23:16 [只看楼主] [划词开启]

   なぜそうなってしまったのか理由を考えてみた。結局それは、わたしが人の話を真にうけすぎることに原因があるのではないかと思う。明らかに冗談を言われた、という場合は大丈夫だったが、相手の言葉が本心ではなく社交辞令だった場合、咄嗟に反応できないことがあった。だれかと話をしていて、真面目に返事をする。まわりから失笑がもれ、ようやく相手は冗談で話をしていたのだという事実を知る。

    我曾分析过造成这一切的原因,最后认为:也许我把别人的话过分当真吧。明明白白是开玩笑的话,那还好说,若对方说的并不是真心话而只是社交客套时,我就不能立即反应过来。无论跟谁讲话,都只会一板一眼地回答。周围的人失声而笑时,方才明白原来对方是在开玩笑。  

 「その髪形、いいね」

       ”你这个发型真漂亮。“
 小学生の時、髪を短くしたわたしに向かって、ある女の子が言った。嬉しくて、とても幸福な気持ちになった。それから二年間、同じ髪形を選んだ。

        小学时,短发的我曾被一个女孩称赞,我很开心,还感到非常幸福。之后的两年,我都维持着同一个发型。 
 しかし彼女の言葉が空虚なお世辞にすぎなかったのだと気付いたのは、中学生になってからのことだ。学校の廊下を歩いていると、数人の友達を引き連れた彼女にすれちがった。一瞬、わたしの顔を見て、彼女は友達に耳打ちした。 

    升上中学以后,我才知道,她的话只不过是奉承话。有天在学校的走廊里,她领着几个朋友,与我擦肩而过,就在那瞬间,她瞥见我的脸,就跟她的朋友耳语: 

  「あの子、少し前からあの髪形なんだけど、似合ってないよね」

      ”那个人,以前就留着那个发型,其实一点儿都不适合她。“
  聞きたくなかったのに、聞こえてしまった。舞い上がっていた自分がばかみたいだ。そういった経験が数多く積み重なり、わたしはだれかと話をする時、ひどく緊張《きんちょう》するようになった。

       我不想刻意去听,可还是被我听到了。一直为自己的发型欣喜的我,原来是一个笨蛋。类似的事情遭遇多了,跟别人说话时,内心就不禁紧张起来。

 春にこの高校へ入学してからというもの、だれとも親しくなることができないでいた。結局、教室の中で特異な存在となってしまい、だれもが腫れ物を触るようにわたしを取り扱った。教室の中にいながら、自分だけ外にいる感じ。

       春天起升入高中以后,我跟谁都亲近不起来。最后,我就成了教室里最特别的存在,大家对我都很客气。虽然同在教室里,但感觉就我被排除在外。

最后编辑于:2014-10-29 19:39
分类: 日语
全部回复 (2)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团