2014.08.23【日译中】成长与梦想(上)(补)

momoaihu (蘑菇) 路人甲
45 4 0
发表于:2014-08-25 17:43 [只看楼主] [划词开启]

中学に入った頃から、私は、もともとの内向的傾向が、急速に強くなっていった。自分とうまくつながらない外の世界その中で孤独になった自分に何ができるのか。何をして生きていったらよいのか。そんなことを深く考えるようになっていった。小説なども、いろいろ読んでみた。文学の世界には確かに魅力があった。しかし、そこにも大人の世界の様様なわずらわしさが入り込んでいる。童話の世界のほうが、その点ではもっとよさそうだった。ちょうどそのころ、新しい童話、童謡の雑誌が出たりしていた。それで一時は、童話作家になれたらいいだろうなどと思った。が、当時の私は作文が苦手であったから、それも、自分の適正に反した夢に過ぎないと思い返さざるを得なかった。

从刚进中学的时候开始,本来就有点内向的我,这种倾向很快的越来越严重。在这个自己不能很好的融入的世界里,孤单的自己能做什么呢?要如何活下去呢?我慢慢开始思考这样深刻的问题。我尝试着读了很多小说,文学世界确实很有魅力,可是也掺杂了很多大人世界才有的各种各样的纷扰。相比起来童话的世界好像比较不这么复杂。正好在那时候新的童话、童谣的杂志出版了。所以当时想要是能当童话作家就好了。但是当时我非常不擅长写作,所以不得不承认这样的梦想也不过是想想而已。

その後、私の関心は文学書よりも哲学書のほうに移っていた。それは中学の後半から高校の前半の三、四年間のことであった。文学少年から哲学青年になるのは、別に珍しいことではない。ここまでても私はまだ自分が何者であるのか、何者になり得るのかについて、自信のある判断ができずにいた。ただ自分は結局、学者になるしかないそれも、世間との交渉のできるだけ少ないような分野に入っていくしかない、とは思い続けていた。

在那之后,我的注意力从文学书转移到了哲学书。这是初中的后半段开始,到高中前期的三四年间的事情。从文学少年到哲学青年,这样的转变并不是很少见的事情。但即便走到这里,对于我应该做什么、想要得到什么这样的事情上,我还是没有信心判断。我依然认为,自己好像最终也是只能做学者这样的,与这个社会没什么关系的行业。

最后编辑于:2014-08-25 17:45
分类: 日语
全部回复 (4)

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团