2014.08.28【日译中】きみにしか聞こえない——只有你听见(1-8)

发表于:2014-08-28 19:45 [只看楼主] [划词开启]

    腕時計《うでどけい》のかわりに、頭の中にある携帯《けいたい》電話を見ていたのだ。無意識のうちに、その液晶《えきしょう》の時計で時間を確認していた。

        虽然没有手表,但我看到了脑海中的手机,无意识地通过那液晶时钟来看时间。 

 しかし、想像で作り上げたものが正しい時刻を指し示すものだろうか?

        可是,虚构的东西可以准确显示时间吗?

 頭の携帯電話の液晶時計を確認する。八時十二分。

        我看了一下脑海里手机的液晶时钟。八点十二分。

 壁《かべ》にかかった実在する時計を見る。ちょうど長針が動くと、八時十二分を指した。

        我又看了下墙上的挂钟。分针动了一下,正指着八点二十。

 奇妙《きみょう》な胸騒《むなさわ》ぎを感じた。頭の中、空想の携帯電話のなめらかな表面を、同じく空想の爪《つめ》で小さくはじいてみた。カツンという軽い小さな音が、頭蓋《ずがい》の中で響《ひび》いた。

       我只觉得心跳加速。脑里幻想的手轻轻地弹了弹同是幻想出来的手机那光滑的表面,发出“叮咚”一声,很轻,很细,却在脑海里回荡。

   下校途中《とちゅう》、バスの中でだれかの携帯電話が鳴りだした。目覚時計のような音。わたしの前に座っていた男の子が慌《あわ》てて鞄《かばん》を探り、車内に響いていた電子音を消す。電話を耳にあて、そのまま会話をはじめた。

      放学回家途中,巴士上有手机响了,是闹钟般的铃声。坐在我前面的男生慌忙翻着袋子,关掉吵遍车厢的电子铃声,把电话贴着耳朵说话。 
  
暖房《だんぼう》のせいで窓は曇《くも》り、外の風景は見えない。わたしはとりとめのない空想をしながら、ぼんやり車内を見回した。乗客は他に、通路をはさんで買《か》い物袋《ものぶくろ》を抱《かか》えたおばさんがいるだけだった。携帯電話で話をする男の子に、彼女はそれとなく迷惑《めいわく》そうな顔をむけた。

       因为车厢内置暖气设备,车窗蒙上了一层白雾,看不见外面的风景。我一边让思绪乱飞,一边茫茫地环视车厢,车厢内除了我和那个男生外,就只有一位两脚跨着通道,手抱购物袋的阿姨,她似乎不太高兴地注视着那个正在通话的男生。 

 複雑な気持ちだった。乗り物や店内で携帯電話を使用するのは人の迷惑になるかもしれないが、一方でそういった状況《じょうきょう》に対してあこがれにも似た気持ちを抱《いだ》いていた。

       我那复杂的心情难以言喻。在车厢和店内用手机也许会给人带来不便,可另一方面,我却对此有一份近乎憧憬的感情。 

最后编辑于:2014-10-29 21:15
分类: 日语

  • 0

    点赞

  • 收藏

  • 扫一扫分享朋友圈

    二维码

  • 分享

课程推荐

需要先加入社团哦

编辑标签

最多可添加10个标签,不同标签用英文逗号分开

保存

编辑官方标签

最多可添加10个官方标签,不同标签用英文逗号分开

保存
知道了

复制到我的社团